医療 × 経営 MBA流クリニック経営

第1回:「ライフサイクル理論から見るクリニック経営のポイント」
~開業前の準備:クリニックの最も大切な経営資源として経営理念を考える~

~開業前の準備:クリニックの最も大切な経営資源として経営理念を考える~

開業時に取り組む重要な事は、開業のコンセプトづくり、立地、集客策、資金計画の4つです。その中でも、今回は、そもそも「なぜ開業したいのか」という開業時のコンセプト、つまりクリニックの経営理念を明確する事の重要性について紹介します。経営理念は、開業後に幾度となく訪れる紆余曲折をうまく乗り越えていく上で、最も重要な経営資源になります。これから出発する長い旅路に備えます。
第一回は、開業時にクリニックの経営理念を明確にする事の重要性、そのポイントについてご紹介していきたいと思います。

※リンク先のサイトはベーリンガーインゲルハイムが所有・管理するものではなく、ベーリンガーインゲルハイムはこれらのサイトの内容やサービスについて一切責任を負いません。

田熊 考治 氏

株式会社船井総合研究所 医療支援部 チームリーダー

田熊 考治 氏

入社以来、歯科・矯正歯科、医科では耳鼻科・小児科・美容外科などクリニックを中心とした医療業界のコンサルティングに従事。
現在は内科、心療内科、耳鼻咽喉科などの医科診療所に特化したコンサルティングを行っている。
クライアントの医院規模は1ドクター1スタッフにて運営する医院から、6名のドクターを要する大規模医院までさまざまである。
「一過性でない永続する強い医院作り」をテーマに、医院の現状に即した、具体的かつ即実践可能な提案がクライアントからの信頼を得ている。