ジオトリフの効用・効果について

ジオトリフ(一般名:アファチニブマレイン酸塩)の効用・効果・有効性についてご紹介いたします。患者さんごとに適した治療選択のために、ぜひお役立てください。

1.ジオトリフの効能・効果

EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺癌

2.臨床試験で示されているジオトリフの主な特徴

(1)全生存期間(OS)の延長

(2)無増悪生存期間(PFS)の延長

(3)不可逆的ErbBファミリー阻害薬

(4)年齢にかかわらない有効性

(5)患者さんの状態に応じた有効性

(6)後治療への影響

3.ビデオで見るジオトリフの有効性

肺がん患者さんの背景別に整理したジオトリフの有効性を説明したページをぜひご確認ください。

4.ジオトリフの効用・効果に関するエキスパートの声

座談会

EGFR遺伝子変異陽性肺がんにおける治療選択
~長期生存を視野に入れた治療シークエンスを考える

兵庫県立がんセンター化学療法担当部長 兼 呼吸器内科部長 里内 美弥子 先生
神戸大学大学院 医学研究科 呼吸器内科学分野 助教 立原 素子 先生
島根大学医学部 呼吸器・臨床腫瘍学 講師 津端 由佳里 先生
大阪市立総合医療センター 腫瘍内科 医長 津谷 あす香 先生
岡田 あすか 先生 大阪府済生会吹田病院 呼吸器内科 医長

詳しく見る

座談会

腫瘍外科医の視点から考える
EGFR遺伝子変異陽性NSCLCに対する治療戦略

大分大学医学部 呼吸器・乳腺外科学講座教授 杉尾 賢二 先生
国立病院機構 別府医療センター 副院長矢野 篤次郎 先生
大分大学医学部 呼吸器・乳腺外科学講座准教授 岡本 龍郎 先生
国立病院機構 九州がんセンター呼吸器腫瘍科 医長 山口 正史 先生
九州大学大学院 医学研究院 消化器・総合外科 助教 小副川 敦 先生

詳しく見る

座談会

EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんの最適な治療を考える~
さらなる生存期間延長を目指して

大阪市立総合医療センター腫瘍内科 部長 駄賀 晴子 先生
関西医科大学付属病院 呼吸器腫瘍内科 准教授 吉岡 弘鎮 先生
近畿中央胸部疾患センター 内科 医長 田宮 朗裕 先生
大阪はびきの医療センター肺腫瘍内科 診療主任 田中 彩子 先生
兵庫医科大学 胸部腫瘍学特定講座 内科学講座呼吸器科 特任准教授 横井 崇 先生

詳しく見る