診療サポート
(適正使用ガイドブック・患者指導箋等)

これまでの臨床試験の結果から、ジオトリフ(一般名:アファチニブマレイン酸塩)の副作用として下痢や皮膚症状が高い頻度で発現することがわかっています。こうした副作用に対し適切な管理が行われるよう、また 診療の中でジオトリフが患者さんに適切に処方・投与されるよう、適正使用ガイドブックと患者指導箋をぜひご活用ください。

1.適正使用ガイドブック

1-1.医師向けのガイドブック

(1)副作用マネジメント

  • ジオトリフの 副作用マネジメントの実際 ~実地医療の経験から~

    詳しく見る

  • 歯科口腔外科と連携した ジオトリフの口腔粘膜炎対策 ~CTCAEを用いた評価の統一と口腔ケア~

    詳しく見る

  • EGFR-TKIによる爪囲炎対策 ~適切な患者指導とチーム医療~

    詳しく見る

  • 消化管・皮膚症状への取り組み

    詳しく見る

  • 忍容性に合わせた用量調整 ~薬物動態、副作用、投与期間の検討~

    詳しく見る

(2)治療計画

  • クリニカルパス運用による 安全な治療計画 ~実地医療の経験から~

    詳しく見る

1-2.看護師・薬剤師向けのガイドブック

(1)副作用マネジメント

  • ジオトリフ副作用管理 症状シート

    詳しく見る

  • ジオトリフの副作用 マネジメント(口内炎編)

    詳しく見る

  • ジオトリフの副作用 マネジメント(皮膚障害編)

    詳しく見る

  • 抗がん薬治療の副作用軽減を目的としたケアとポイントQ&A(皮膚障害編)

    詳しく見る

  • 抗がん薬治療の副作用軽減を目的としたケアとポイントQ&A(口腔粘膜障害編)

    詳しく見る

2.患者指導箋