オフェブ 診療サポートIPF早期治療介入の重要性

IPF早期治療介入の重要性と早期治療介入の評価

IPFは、軽症でも予後不良な疾患であり、治療介入の遅れが予後に影響する可能性があります。抗線維化薬による治療を早期から開始することが大切です。

IPFの臨床経過には個人差があるため(図中A〜D)、患者個々の病態を考慮して治療開始時期が検討されます。無治療で慢性的に徐々に進行する例(図中C)で、早期診断・治療介入した場合(青線)と治療開始が遅れた場合(緑線)を想定してみると、診断・治療介入の時期により予後が異なる可能性があります。
IPF治療においては、すみやかに有効な治療を開始することが大切であると考えられています。

IPFの臨床経過の多様性

IPFの臨床経過の多様性

IPFは軽症でも予後不良の疾患であることが報告されています。北海道Studyでは、ベースライン時の重症度Ⅰの軽症のIPF患者でも、生存期間中央値は約5年(62ヵ月)であることが示されています。

ベースライン時の重症度別にみたIPF患者の生存期間(北海道Study)

ベースライン時の重症度別にみたIPF患者の生存期間(北海道Study)

さらに、北海道Studyでベースライン時の呼吸機能(%VC)別の生存率を検討した結果、呼吸機能が比較的保たれている%VC>80%のIPF患者であっても、生存期間中央値は約5年(62ヵ月)でした。

ベースライン時の%VC別にみたIPF患者の生存期間(北海道Study)

ベースライン時の%VC別にみたIPF患者の生存期間(北海道Study)

IPFの早期治療介入の評価として6分間歩行試験(6MWT)は有用な検査です。

国内の報告によると、重症度ⅠのIPF患者のうち50%以上が6MWT後にデサチュレーション(SpO2<90%)を起こし、デサチュレーションを起こした患者は起こさなかった患者と比較して有意に予後不良であることが示されています。

重症度ⅠのIPF患者における6MWT終了時のSpO2および生存期間

重症度ⅠのIPF患者における6MWT終了時のSpO2および生存期間

6MWTは軽症のIPF患者に対する早期治療介入の評価として有用な検査であると考えられます。

日本の重症度分類(JSC分類)で重症度Ⅰに分類される日本人IPF患者を米国の重症度分類であるGAPモデルに基づき分類したところ、45%がStageⅡまたはⅢに分類されました。

JSC分類で重症度ⅠのIPF患者のうちGAPモデルStageⅡ/Ⅲが占める割合

JSC分類で重症度ⅠのIPF患者のうちGAPモデルStageⅡ/Ⅲが占める割合

GAPモデルによるStage分類別に予後を検討した結果、StageⅠに比べて、StageⅡ/ⅢのIPF患者の予後は、有意に不良であることが示されました。

GAPモデルによるStage分類別にみた生存率(北海道Study)

GAPモデルによるStage分類別にみた生存率(北海道Study)

ベースライン時の労作時呼吸困難感(mMRCスコア)別に生存率を検討した国内の報告では、mMRCスコア2以上のIPF患者の予後は不良であることが示されました。

mMRCスコア別にみたIPF患者の生存期間

mMRCスコア別にみたIPF患者の生存期間

IPF患者の予後予測因子を検討したところ、ベースライン時の%DLcoが低値であることは、IPFによる死亡の重要な予測因子であることが示されました。

予後予測因子としてのベースライン時の%DLco低値(北海道Study)

予後予測因子としてのベースライン時の%DLco低値(北海道Study)

これらのデータから、GAP StageⅡ/Ⅲ、mMRC 2以上、%DLco低値は軽症のIPF患者の予後予測因子として有用であり、早期治療介入を評価する指標になり得ると考えられます。

早期治療介入におけるオフェブの有効性

オフェブは、呼吸機能障害の程度に関わらず%FVCの低下を抑制し、呼吸機能障害が軽度~中等度のIPF患者であっても投与継続率や生命予後の改善に寄与します。

IPF患者を対象にオフェブを192週間投与したINPULSIS-ON試験において、ベースライン時の%FVC(呼吸機能障害の程度)別にみた、オフェブによるFVC低下抑制効果は以下のとおりでした。

ベースライン時の%FVC別にみたFVC年間減少率(INPULSIS-ON試験、探索的評価項目、サブグループ解析)

ベースライン時の%FVC別にみたFVC年間減少率(INPULSIS-ON試験、サブグループ解析)

オフェブで治療中のIPF患者を対象としたレトロスペクティブ研究では、呼吸機能障害が軽度~中等度群(%FVC≧50%、%DLco≧30%)、重度群(%FVC<50%、%DLco<30%)のいずれにおいてもオフェブ投与によってFVCの低下が抑制されることが示されました。

呼吸機能障害の程度別のオフェブ投与によるFVC変化量

呼吸機能障害の程度別のオフェブ投与によるFVC変化量

また、同研究において、呼吸機能障害が軽度~中等度群は、重度群に比較してオフェブ投与継続率が有意に高いことが示されました。

呼吸機能障害の程度別のオフェブ投与継続率

呼吸機能障害の程度別のオフェブ投与継続率

さらに、同研究において生存率を検討したところ、呼吸機能障害が軽度~中等度群の予後は、重度群に比較して有意に良好であることが示されました。呼吸機能が保たれているIPF患者に対して、オフェブにより治療を早期に開始することで生命予後の改善が期待できます。

呼吸機能障害の程度別の生存率

呼吸機能障害の程度別の生存率

pc

2019年1月作成