オフェブ 診療サポートIPF早期治療介入の重要性

IPFにおける早期治療介入の重要性

IPFは、慢性かつ進行性の線維化を伴う予後不良な肺疾患です。診断が遅れ治療開始が遅れるほど予後が悪化するため、呼吸器専門医による早期診断・早期治療が重要です。ここでは、海外のエキスパートドクターにIPF患者における早期治療のベネフィットについてお話を伺いました。

pc

2019年1月作成