オフェブ 診療サポートIPF早期治療介入の重要性

IPF診療における抗線維化治療の役割

IPF治療の目標は疾患の抑制ですが、急性増悪等をきっかけに疾患が急速に進行する可能性及び治療介入の時期により予後が異なる可能性が考えられます。ここでは、IPF患者さん及び担当医師を対象とした意識調査から、患者さんが抗線維化治療の説明で重要と考えること、さらに国内IPF診療ガイドラインを踏まえ、IPF診療における抗線維化治療の役割についてご紹介します。

>添付文書はこちら

pc

2020年4月作成