オフェブ 診療サポートIPFムービーライブラリ

間質性肺炎の診断「IPF」

IPFは的確な診断が難しく、経験の豊富な呼吸器専門医、放射線科医かつ/または病理医による集学的検討(MDD)が重要です。ここでは、それぞれのエキスパートの立場から診断のポイントを解説します。

呼吸器専門医の立場から 本間 栄 先生

IPFは予後不良の疾患であり早期診断が重要です。IPFの病態および診断のポイントや注意点について呼吸器専門医の立場から解説します。

放射線科医の立場から 酒井 文和 先生

IPFの診断において、HRCTは必須の検査です。HRCT所見からみたIPFの特徴および診断のポイントや注意点について放射線科医の立場から解説します。

病理医の立場から 武村 民子 先生

IPFの診断において、外科的肺生検は臨床所見および画像所見で非典型的な所見を示すIPFを確定診断する上で必要な検査です。病理所見からみたIPFの特徴および診断のポイントや注意点について病理医の立場から解説します。

IPF学術定期冊子「IPFluegel」エキスパートの先生方が診断のポイントなどを解説