オフェブ 診療サポート医療費助成制度

その他の制度

  • 後期高齢者医療制度とは

75歳以上の方と一定の障害のある65歳以上75歳未満の方は、後期高齢者医療被保険者証を提示すると、医療費の1割負担(現役並みの所得の方は3割負担)で治療が受けられます。

制度のしくみ
後期高齢者医療制度とは、75歳以上の方と一定の障害のある65歳以上75歳未満の方を対象とする医療制度です。75歳以上の方と一定の障害のある65歳以上75歳未満の方は、それまで加入していた医療保険(国民健康保険・健康保険・共済など)から脱退し、後期高齢者医療制度による医療給付を受けることになります。
対象者
退職して国民健康保険(市区町村)の被保険者となった方で、次のいずれかに該当する方と、その同居している被扶養者。
  • ●75歳以上の方(75歳の誕生日当日から資格取得)
  • ●65歳以上75歳未満の方で、寝たきりなど一定の障害があると認定された方(認定日から資格取得)
  • ※一定の障害のある方とは、 平衡機能に著しい障害を有する方や、上肢または下肢の機能に著しい障害を有する方などです。
窓口負担
医療機関窓口で、後期高齢者医療被保険者証を提示すると、医療費の1割負担(現役並みの所得の方は3割負担)で治療が受けられます。
また、1ヵ月に医療機関へ支払った負担額が、自己負担限度額を超えた場合には、高額療養費の給付を受けることができます(➡「自己負担限度額:70歳以上」参照)。

後期高齢者医療制度は、各都道府県の広域連合と市区町村とが連携して事務を行います。詳しくは各都道府県の広域連合または市区町村の窓口にお問い合わせください。

  • 重度障害者医療費助成制度とは

身体障害者手帳2級以上をお持ちの方は医療費の負担を減らせる可能性があります。

  • ※重度障害者医療費助成制度は各都道府県の市区町村の制度であり、市区町村で名称が異なります。
制度のしくみ
重度障害者医療費助成制度とは、障害のある方(身体障害者手帳1級・2級の方など)が病院などで受診した場合に、支払った医療費や薬剤費を助成する制度です。
申請の流れ
重度障害者医療費助成制度の申請は、原則として下記の流れで行われます。
  • 1)必要書類の準備・提出:
    患者さんは必要書類(重度障害者医療証交付申請書、健康保険証、身体障害者手帳など)を準備して、各都道府県の市区町村の申請窓口に提出します。
  • 2)医療証の交付:
    受給資格審査後、認定となった場合は医療証が交付されます。医療証と健康保険証を医療機関の窓口に提示することで、医療費の助成が受けられます。

重度障害者医療費助成制度は、各都道府県の市区町村で対象患者の基準や助成金額など制度の内容が異なります。市区町村の制度であるため、居住地以外の他都道府県での利用はできません。詳しくは各都道府県の市区町村の窓口にお問い合わせください。

【参考資料】

  1. ・東京都後期高齢者医療広域連合 後期高齢者医療制度のしくみ(平成29年度版)
  2. ・東京都福祉保健局 心身障害者医療費助成制度(マル障)
  3. ・大阪市 福祉局生活福祉部保険年金課後期高齢・医療助成グループ. 重度障害者医療費の助成