オフェブ 患者さん向け患者指導せん

患者さんと考える治療選択 

第2回 IPF治療における患者コミュニケーションの考え方

IPF(特発性肺線維症)の診療において、しばしば課題となるいくつかの場面についてSDMの観点から、どのようにコミュニケーションを行うべきか、ご解説いただきます。ぜひご覧ください。

pc

2019年11月作成

<< 患者指導せん一覧へ戻る