オフェブ 製品紹介臨床試験(INPULSIS試験)

試験デザイン

INPULSIS試験は、IPF患者に対するオフェブ150mg 1日2回、52週間投与の有効性・安全性を検証した第Ⅲ相国際共同試験です。
INPULSIS試験では、同一デザインである2つの試験(INPULSIS-1、INPULSIS-2試験)が実施されました1-5)

試験方法

試験方法

【試験デザイン】

ランダム化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間比較試験

【実施地域】

日本を含む24ヵ国、205施設

【対象】

ランダム化までの過去5年以内にIPFと診断された40歳以上の患者1,066例(日本人126例含む)

【方法】

対象患者をオフェブ群あるいはプラセボ群に3:2の比率でランダムに割り付け、試験薬を52週間投与し、有効性と安全性を検討した(INPULSIS-1試験:515例、INPULSIS-2試験:551例)。用法・用量として150mgを1日2回服用した。なお、有害事象への対応として試験参加医師の判断で中断および/または100mg1日2回への減量を一時的または継続的に許容した。有害事象回復後は、150mg 1日2回への増量が推奨され、減量後4週間以内であれば増量が可能であった。

【選択基準】

  1. 文書による同意が得られている
  2. 40歳以上である
  3. ATS/ERS/JRS/ALATガイドライン(2011年)6)に基づき、ランダム化の5年以内にIPFと診断されている
  4. スクリーニング前12ヵ月以内にHRCTが実施されている
  5. HRCTおよび外科的肺生検(入手可能な場合)の診断基準に則り、放射線科専門医1名、病理専門医1名による中央判定によりIPFと確定診断されている
  6. ランダム化前の%FVCが50%以上である
  7. ランダム化前の%DLco※1(ヘモグロビンで補正)が30~79%である

【解析計画】

下記有効性評価項目は試験毎の解析に加え、併合解析を行うことが事前に規定された。主要評価項目および重要な副次評価項目における部分集団※2解析は併合解析を行うことが事前に規定された。部分集団解析のうち(日本人集団、日本人以外の集団)は試験毎の解析および併合解析を行うことが事前に規定された。部分集団解析は、部分集団における治療効果の一貫性を検討するために実施された。

【主要評価項目】

FVC年間減少率(mL/年)

【重要な副次評価項目】

初回急性増悪発現までの期間(試験参加医師の報告)※3
52週時におけるSGRQ総スコアのベースラインからの変化量

【副次評価項目】

ベースラインから52週後のFVCの絶対変化量、生存率など

  1. ※1 DLco:一酸化炭素肺拡散能
  2. ※2 部分集団[ベースライン時の%FVC(70%超、70%以下)、SGRQ総スコア(40超、40以下)、低用量全身ステロイド療法の有無、気管支拡張剤の使用の有無、および性別(男性、女性)、年齢(65歳以上、65歳未満)、人種(白人、アジア人)、喫煙歴の有無]
  3. ※3 すべての急性増悪は、事前に規定された感度解析として、盲検下で独立判定委員会により中央判定された

文献

  1. 1) Richeldi L. et al.: N Engl J Med 2014; 370(22): 2071-2082.
    本試験はベーリンガーインゲルハイム社の支援により行われました。
  2. 2) Brun M. et al.: 社内資料 第Ⅲ相国際共同試験(試験1199.32)[承認時評価資料]
  3. 3) Brun M. et al.: 社内資料 第Ⅲ相国際共同試験(試験1199.34)[承認時評価資料]
  4. 4) 社内資料 第Ⅲ相国際共同試験(有効性の併合解析)[承認時評価資料]
  5. 5) 社内資料 第Ⅲ相国際共同試験(安全性の併合解析)[承認時評価資料]
  6. 6) Raghu G. et al.: Am J Respir Crit Care Med 2011; 183(6): 788-824.

患者背景

患者背景
  1. ※1 prednisone (本邦未承認) 15mg/日未満または同等の薬剤で、スクリーニング前の8週間以上投与量が安定していた患者
  2. ※2 全集団:プラセボ群 n=422
  3. ※3 全集団:オフェブ群 n=624、プラセボ群 n=419