オフェブ 製品紹介INPULSIS-ON試験(長期的な安全性、忍容性を検証)

オフェブ長期投与試験における急性増悪抑制

INPULSIS-ON試験では、長期にわたって急性増悪の発現率が低率に保たれていました。ここでは、海外のエキスパートドクターに急性増悪に対するオフェブの有効性評価のポイントについて、INPULSIS試験/INPULSIS-ON試験の臨床データを交えてお話を伺いました。

National Heart and Lung Institute, Imperial College, London, UK
Prof. Toby Maher

Respiratory Medicine, Catholic University of the Sacred Heart, Rome, Italy
Prof. Luca Richeldi

INPULSIS-ON試験:初回急性増悪発現までの期間(探索的評価項目)

INPULSIS-ON試験:初回急性増悪発現までの期間(探索的評価項目)

Crestani B. et al.: Lancet Respir Med 2018 Sep 14. pii: S2213-2600(18)30339-4.
doi: 10.1016/S2213-2600(18)30339-4. [Epub ahead of print]
本試験はベーリンガーインゲルハイム社の支援により行われました。

INPULSIS試験/INPULSIS-ON試験:急性増悪の補正発現率

急性増悪の100人・年あたりの補正発現率は、オフェブ継続投与群では5.8件、新規投与群では5.2件でした(INPULSIS試験のオフェブ群では5.2件)。

INPULSIS試験/INPULSIS-ON試験:急性増悪の補正発現率

Crestani B. et al.: Lancet Respir Med 2018 Sep 14. pii: S2213-2600(18)30339-4.
doi: 10.1016/S2213-2600(18)30339-4. [Epub ahead of print]
本試験はベーリンガーインゲルハイム社の支援により行われました。

第Ⅲ相国際共同試験:INPULSIS-ON試験
【試験デザイン】INPULSIS試験のオープンラベル延長試験
【対象・方法】INPULSIS試験完遂後、4週間の追跡期間を完了した患者をINPULSIS-ON試験に登録し、オープンラベルでオフェブを投与した。INPULSIS試験終了時にオフェブ150mg 1日2回投与またはプラセボ投与であった患者は、オフェブ150mg 1日2回投与とした。オフェブ100mg 1日2回投与またはプラセボ投与であった患者は、試験参加医師との話し合いに基づき、オフェブ100mg 1日2回または150mg 1日2回の投与とした。試験期間中の100mg 1日2回から150mg 1日2回投与の増量、有害事象による減量や休薬を許容した。
【主要評価項目】オフェブ長期投与の安全性・忍容性
【探索的有効性評価項目】192週におけるFVC年間減少率、ベースラインから192週後のFVC絶対変化量、初回急性増悪発現までの期間、死亡までの期間
【解析計画】192週間におけるFVC年間減少率について、患者背景別(性別、年齢、人種、FVC、INPULSIS-ON試験開始時の併用薬)にサブグループ解析を実施した。また、併用療法の有無別、INPULSIS-ON試験におけるオフェブの用量別(150mg 1日2回投与、100mg 1日2回投与、両用量の投与)、用量調整別(減量および休薬あり、減量のみあり、休薬のみあり、休薬および減量なし)、用量強度別にもサブグループ解析を実施した。
【安全性】有害事象の発現率は、オフェブ継続投与群98%(422例/430例)、オフェブ新規投与群99%(301例/304例)。主な有害事象は、オフェブ継続投与群では下痢、気管支炎、IPFの進行、鼻咽頭炎、咳嗽であり、オフェブ新規投与群では下痢、鼻咽頭炎、悪心、IPFの進行、気管支炎であった。重篤な有害事象は、オフェブ継続投与群70%、オフェブ新規投与群68%。投与中止に至った有害事象は、オフェブ継続投与群40%、オフェブ新規投与群46%であり、投与中止に至った主な有害事象は、IPFの進行、下痢、悪心、呼吸不全であった。
【統計解析手法】192週までのFVC年間減少率:ランダム係数回帰モデルにより推定:性別、年齢、身長を固定効果、患者効果(切片と傾き)と時間を変量効果としてランダム係数回帰モデルに含めた。初回急性増悪発現までの期間:カプランマイヤー法による推定値と信頼区間を算出した(Greenwood variance formula)。

PC
2018年10月作成