プラザキサ 診療サポート薬剤師レポート
ザ・プロフェッショナル ~私の服薬指導術~

第1回 アドヒアランス向上のために
電子薬歴を利用した「患者療養支援プログラム」の活用

福岡大学筑紫病院薬剤部では近隣薬局と協力して、薬剤の適正使用と患者の服薬アドヒアランス向上のため、電子薬歴を利用した「患者療養支援プログラム」を実施しています。
今回は抗凝固薬プラザキサのアドヒアランス向上に向けて、大賀薬局福大筑紫病院前店と連携した取り組みをご紹介します。

アドヒアランスのよい方の工夫を生かす

Q5.アドヒアランスのよい患者さんにはどんな特徴があるとお感じですか。

神村:
やはり病識が高くて几帳面な患者さんはアドヒアランスがよいと感じます。自分でタイマーをセットして、ピピッと鳴ったら服薬するようにしている方もいますね。
松本:
アドヒアランスのよい方の工夫をお聞きしてみると参考になるアイデアに多く出会うことができます。

例えば

  1. 飲んだ薬はすぐにノートにメモする(メモがなければ飲んでいない)
  2. 薬を日付ごとのケースに分けて毎日飲み忘れがないか確認する
  3. 食事の時に、専用の小皿に薬を入れて並べ、飲み忘れないようにする
患者さんによっては食事と一緒のほうが消化器症状を防いでプラザキサを飲みやすいという方がいるので、3の工夫は一石二鳥だなと感じました。

Q6.患者さんもいろいろ工夫されているのですね。それでは最後に服薬アドヒアランス向上のため、さらに力を入れていきたいことを教えてください。

神村:
患者療養支援プログラム」のデータを検証して、服薬アドヒアランスに影響を及ぼす要因を明らかにし、これを基に飲み忘れを防ぐ方策を立てて、実践したいと考えています。
また、入院期間が短縮傾向にある現在、とりわけ慢性疾患の患者さんの療養に関しては調剤薬局での役割が重みを増しています。松本先生をはじめ、調剤薬局の薬剤師の活躍に大いに期待しています。
松本:
プラザキサを服用中の患者さんは比較的高齢で、他の薬も一緒に飲んでいる方が多いです。薬歴には「今日は息子さんと一緒に来局された」など治療に直接関わらないことも記録を残していますが、こうしたコミュニケーションのきっかけを大切にして患者さんとの信頼関係を深め、その方の薬物治療全体のアドヒアランスを向上できるように努力していきたいですね。

※リンク先のサイトはベーリンガーインゲルハイムが所有・管理するものではなく、ベーリンガーインゲルハイムはこれらのサイトの内容やサービスについて一切責任を負いません。