プラザキサ 製品紹介 不整脈非薬物治療ガイドライン(2018年改訂版)を踏まえた今後の心房細動アブレーション周術期抗凝固療法
~スペシャルインタビュー~ 松尾 征一郎 先生

<< インタビュー一覧へ戻る

特異的中和剤プリズバインドを有するプラザキサの
心房細動カテーテルアブレーション周術期における有用性

(2019年7月26日 横浜にて実施)

松尾 征一郎 先生

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 循環器内科 講師
松尾 征一郎 先生

当院における心房細動カテーテルアブレーション治療

当院でカテーテルアブレーション治療(以下、アブレーション)を施行する患者さんの8割以上は心房細動患者さんで、平均年齢は約65歳、平均CHADS2スコアは約1.5点です。腎機能については、クレアチニンクリアランス50mL/min以上の方が90%以上を占めています。アブレーションを施行する患者さんの年齢の上限は80歳を目安としていますが、心房細動の症状による困窮度が高く、QOLが著しく低下しているような場合では、80歳を超えていてもアブレーションを施行することもあります。また、当院でアブレーションを行う予定の患者さんの施行までの平均待機期間は約3ヵ月で、その間に2~3回は外来受診していただいています。そのため、心房細動の病態、アブレーションによる治療方法や治療のメリット、デメリットなどについて、複数回にわたり説明することができます。待機期間を利用して病気や治療法について理解を深め、医師との信頼関係も構築することで、患者さんが前向きに治療に取り組んでもらえるようになると感じています。

アブレーション周術期はガイドラインでの推奨や中和剤の存在を考慮してプラザキサに変更

アブレーション周術期の血栓塞栓症や出血性合併症を防ぐためにも、適切な抗凝固療法を行うことは重要です。抗凝固薬の1つであるプラザキサには、さまざまなエビデンスがあり、RE-CIRCUIT試験1)、ABRIDGE-J試験2)では、アブレーション周術期のプラザキサ継続投与、短期休薬(1~2回)を伴うプラザキサ投与の安全性と有効性が示されています。このたび改訂された「不整脈非薬物治療ガイドライン(2018年改訂版)」(以下、ガイドライン)には、心房細動アブレーション周術期の抗凝固療法として、「ワルファリンもしくはダビガトランによる抗凝固療法が行われている患者では、休薬なしで心房細動アブレーションを施行することが推奨される(クラスI、レベルA)」と記載されています3)。また、プラザキサには特異的中和剤であるプリズバインドがあります。これらを踏まえ、当院ではアブレーション施行予定の患者さんでプラザキサ以外の抗凝固薬が投与されている場合は、エビデンスや中和剤の存在を説明して、納得していただいた上で、アブレーション施行前の外来時にプラザキサへ変更しています()。そして、アブレーション施行当日も休薬せずプラザキサを継続投与し、アブレーションを施行しています。

より安全にアブレーションを行うために紹介元の先生方に知ってほしいこと

アブレーションは侵襲的な手技であるため、周術期の合併症には注意が必要です。特に、アブレーション施行後1ヵ月程度までは遅発性出血性合併症が起き得ることを、アブレーションを施行されない先生方にも知っていただく必要があると思います。当院では、アブレーション施行後の遅発性出血性合併症の発現を考慮し、少なくとも施行後1ヵ月間はプラザキサを継続します。退院時にはプラザキサには中和剤があることを再度お伝えし、一定期間はプラザキサの服用を継続していただくことを患者さんに伝えています。アブレーションという治療法は広く認知されてきており、今後は合併症や対策に関しても啓発する必要があると思います。患者さんを紹介いただくことが多いクリニックの先生方にも、遅発性出血性合併症を含めた合併症への対策、ガイドラインでの推奨などについて知っていただくことで、より安全に患者さんがアブレーションを受けられる環境が整っていくようになると考えます。

図 当院におけるアブレーション周術期抗凝固療法のプロトコール
拡大する

文献

  • 1)Calkins H, et al. N Engl J Med 2017; 376: 1627-1636.
  • 2)Nogami A, et al. JAMA Netw Open 2019; 2: e191994.
  • 3)日本循環器学会/日本不整脈心電学会合同ガイドライン:不整脈非薬物治療ガイドライン(2018年改訂版).
    http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2018_kurita_nogami.pdf (2019年9月閲覧)

1)、2)はベーリンガーインゲルハイム社の支援により実施しました。

PC
2019年10月作成

<< インタビュー一覧へ戻る

図 当院におけるアブレーション周術期抗凝固療法のプロトコール