プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

中和剤の登場は積極的な抗凝固療法を後押しする

神澤 孝夫 先生

公益財団法人 脳血管研究所 美原記念病院
脳卒中部門 部門長
神澤 孝夫 先生

DOACのベネフィットが実臨床で実感できるようになった

プラザキサを筆頭に直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が登場して5年が経過し、「頻回の採血が不要」、「食事制限がない」といった患者さんにとってのメリットが、実臨床で確認されたと感じています。われわれは脳卒中発症後の後遺症で苦しんでいる患者さんを多く診ていますから、治療継続に伴う負担が少ない、好きなものが食べられるといったDOACの特長は、患者さんのQOLの維持に大きく寄与していると実感しています。

DOACは減量基準を満たさない限り標準用量が基本

実臨床では、出血リスクを懸念して、DOACを減量して投与するケースが多いようですが、私は減量基準に該当しない限り安易に減量すべきではないと考えます。患者さんが心原性脳塞栓症を発症し、重度の後遺症が残ったり、高次脳機能が障害されたりすることで、これまで通りの社会生活を送れなくなるインパクトを考慮すると、患者さんにはDOACのリスクとベネフィットを十分に説明し、患者さんの人生観も踏まえた上で、標準用量を基本として心原性脳塞栓症をしっかりと予防することが求められます。

中和剤の登場により、患者さんは抗凝固療法を受け入れやすくなる

当院では、この5年間で約600例にDOACを処方しており、そのうちの2例で頭蓋内出血を経験しました。この時は輸液療法を行い、活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)が短縮したのを確認してから開頭術を実施しましたが、中和剤があればより迅速に対処できたのでは、と感じています。現在わが国で唯一DOACの中和剤として承認されているプリズバインドは、ダビガトランに特異的に結合する中和抗体であり、その中和効果は投与直後から発揮されますので、プラザキサ服用患者さんであれば速やかに処置を開始できます。また、患者さんやご家族からDOACの投与についてインフォームドコンセントを得る際、万が一重篤な出血性合併症が起きても、プラザキサであればプリズバインドで中和が可能であることを説明できますので、患者さんは抗凝固療法を受け入れやすくなると思います。特に二次予防の患者さんは、血栓塞栓症だけではなく出血性合併症に対する不安も大きいですから、中和剤の登場は、患者さんに納得して抗凝固療法を受けてもらう上で大きな一歩になると期待しています。そして、プリズバインドがあることで、これまでプラザキサ150mg×2回/日投与を躊躇していた医師も、積極的に抗凝固療法を行えるようになるのではないでしょうか。今後は、一次予防を担う循環器内科をはじめとした他科との連携をさらに強め、適切な抗凝固療法の普及に努めることで、心原性脳塞栓症の予防をより一層進めていきたいと考えています。

<< インタビュー一覧へ戻る