プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

中和剤の有無で処方するDOACの決定に影響する機会が増える

寺山 靖夫 先生

岩手医科大学 医学部 内科学講座
神経内科・老年科分野 教授
寺山 靖夫 先生

DOACの登場により患者さんの負担は軽減

諸外国では長年、抗凝固療法による出血リスクは受け入れるしかなく、心原性脳塞栓症と頭蓋内出血(つまり頭蓋内血腫と脳内出血)をトータルで考えてイベントが抑制できればよいとする風潮がありました。しかし、大規模臨床試験により出血リスクを高めることなく血栓塞栓症を抑制することが示された、プラザキサをはじめとした直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の登場によって、両イベントともにしっかりと抑制しようという考え方が広まってきたと感じています。日常臨床でも、受診のたびに採血する必要性がなくなりましたから、治療を継続する上で患者さんの負担やストレスはかなり軽減されたと感じています。また、従来のようにビタミンKを含む食物に配慮して食生活を制限しなくてよい点もメリットです。こうした特性を持つDOACの登場により、非弁膜症性心房細動(NVAF)患者さんの抗凝固療法はかなり実施しやすくなったと思います。

DOAC服用患者さんには服薬アドヒアランスを徹底することが重要

DOACの課題は、凝固能の評価が難しい点です。凝固能を数値で評価できれば、医師は有効性と安全性を定量的に確認でき、さらにその数値を患者さんに示すことで、治療継続へのモチベーションの維持にもつながります。また、高齢化が進み、認知機能障害例が増えていく中で服薬アドヒアランスの低下が懸念されますが、凝固能を測定できれば、患者さんが本当に服薬しているかどうかも確認できると思います。飲み忘れを防ぐためには、用法・用量を守らないと心原性脳塞栓症のリスクが高まること、発症後にたとえ救命できても寝たきりや重度の後遺症が残る可能性が高まることを患者さんに繰り返し説明することが重要です。また、抗凝固療法においては適正な用量選択がなされていないと、有効性と安全性が担保できなくなる可能性があります。しかし、実際には、DOAC服用中に頭蓋内出血を起こして、当院に搬送される患者さんのほとんどは、明確な根拠がないまま低用量を服用しています。安易に減量せず、患者さんの背景や病態を十分考慮した上で、DOACは標準用量を投与すべきです。

中和剤の登場は患者さんと医師の安心感につながる

DOACは予防を目的とした薬剤ですから、その副作用として大出血を起こし、患者さんの生命を脅かすことがあってはならないと考えます。出血リスクがあるならば、それに対応できる中和剤を開発すべきでしょう。プリズバインドは、ダビガトランの抗凝固作用を迅速に中和する薬剤ですので、プラザキサ服用患者さんにおいて、万が一このようなケースが発生しても速やかに対応できます。自分自身がNVAFで、DOACを服用することになった時、中和剤のある薬剤とない薬剤、どちらを選択するかを考えていただきたいと思います。抗凝固療法中に、抗凝固作用を中和できることは医師のみならず患者さんご本人にとっても安心感につながります。実臨床においては、DOAC服用中に脳卒中が疑われた時や外傷による出血時だけではなく、静脈瘤などによる消化管出血、さらには歯科的処置時など、中和剤があると心強いケースは少なくないはずです。今後は中和剤があるかどうかで、処方するDOACを決める機会が増えていくと思います。

<< インタビュー一覧へ戻る