プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

中和剤の登場により、患者さんの抗凝固療法に対する不安の軽減が期待できる

平野 照之 先生

杏林大学医学部 脳卒中医学教室
教授
平野 照之 先生

DOACの登場により塞栓・出血リスクが高い患者さんにも抗凝固療法を導入しやすくなった

プラザキサをはじめとする直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の利点は、細かな用量調節が不要であることと、効果発現が迅速であることです。その他にも食事制限がない、薬物相互作用が少ないといった特長がありますが、最大の利点は有効性と安全性のバランスに優れており、頭蓋内出血などの重篤な出血イベントのリスクを高めずに、確かな心原性脳塞栓症発症抑制効果を期待できることです。塞栓リスクが高い患者さんは出血リスクも比例して高くなることが知られていますが、このような特長を有するDOACが登場したことにより、今まで抗凝固療法の導入を躊躇していた患者さんにも比較的導入しやすくなったと感じています。

DOACでは重篤な出血発現時や緊急手術時の対応が課題

DOACの課題の一つとして、ワルファリンと比べて血中濃度の半減期が短いため、服薬アドヒアランスが有効性に与える影響を考えなくてはなりません。血栓塞栓性イベントのリスクをより減らすためにも、なぜDOACを服用していただくかということを患者さんに正しく理解いただき、服薬アドヒアランスを維持および向上させていくことが重要です。また、DOAC服用患者さんにおける重篤な出血発現時や緊急手術時の対応も課題として挙げられます。実際当院では、DOAC服用患者さんが頭蓋内出血を起こして搬送された時、まず血圧を下げ、積極的な輸液療法によりDOACの排出を促し、凝固能の回復を待ってから開頭術で血腫を除去していますが、より迅速に対応できることが望ましいと考えています。また、DOAC服用患者さんで緊急手術が必要になった場合も、最終服薬時からの経過時間や、プラザキサ服用患者さんであれば活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)の値からダビガトラン血中濃度を予測するなど、手探りで対応するしかなく、苦慮しているのが現状です。

中和剤の存在はDOAC服用患者さんの不安の軽減が期待できる

DOACに対する中和剤があれば、生命を脅かす重篤な出血が発現した時や、緊急手術が必要になった時に、迅速に処置を開始することができます。プリズバインドは、ダビガトランの抗凝固作用を迅速・完全・持続的に中和する薬剤ですので、万が一このようなケースが発生した場合においても有用性を期待できます。また、中和剤の有無だけで処方するDOACを決めることはありませんが、患者さんの背景や病態を考慮した上で複数の選択肢がある場合には、中和剤の有無がDOACの選択に影響を及ぼすと思われます。DOACを新規に処方する場面において、中和剤の有用性と存在意義を患者さんにしっかり伝えることで、抗凝固療法に対する不安を軽減できるのではないかと期待を寄せています。

<< インタビュー一覧へ戻る