プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

プリズバインドの存在はアブレーション周術期に大きな安心感を与える

青沼 和隆 先生

筑波大学医学医療系 循環器内科
教授
青沼 和隆 先生

RE-LY試験で示されたプラザキサの有効性と安全性

現在、わが国では4つの直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が発売され、非弁膜症性心房細動(NVAF)患者における抗凝固療法として広く普及しています。DOACは、各大規模臨床試験において有効性と安全性が示されており、特に、従来の経口抗凝固薬と比べて頭蓋内出血リスクが低いことはDOACの大きなメリットだと思います。また、DOACのうちプラザキサは、第Ⅲ相国際共同試験であるRE-LY試験において、脳卒中/全身性塞栓症の発症リスクはワルファリン群に比べて150mg×2回/日群で有意に低く、110mg×2回/日群で同等であることが示されています。このように、プラザキサは2用量それぞれのエビデンスがありますので、患者さん個々の状態、脳卒中リスクや出血リスクを考慮した上で、エビデンスに基づいた用量選択を行うことができます。また、血中ダビガトラン濃度が活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)とある程度相関することが示されていますので、プラザキサを服用している患者さんではaPTTなどを出血リスクに対する指標の一つとして用いることで、適切な抗凝固療法を行える点も特長だと考えています。

患者さん個々に適したDOACを選択することが大切

経口抗凝固薬であるワルファリンや4つのDOACは、臨床成績や薬剤特性がそれぞれ異なります。したがって、抗凝固療法を行う際は各薬剤の特徴を理解した上で、年齢、体重、腎機能などを総合的に勘案し、患者さん個々に適した薬剤を選択することが重要だと考えています。また、抗凝固療法に共通するリスクとして、出血性合併症や服用忘れによる血栓塞栓症が発症する場合もあることを、患者さんにしっかりと理解してもらえるように服薬指導することが重要です。

周術期において中和剤の存在は抗凝固療法の選択基準の一つになり得る

DOACによる抗凝固療法の課題としては、万が一、頭蓋内出血などの重篤な出血性合併症を発現した時に迅速に対応する方法が確立されていなかったことが挙げられます。また、抗凝固薬を服用している患者さんにカテーテルアブレーション治療(アブレーション)や経皮的冠動脈インターベンション(PCI)などの侵襲的な治療を施行する際には、心タンポナーデや後腹膜出血などの出血リスクがありますので、このような治療を実施する際にも中和剤の存在が望まれていました。そうした中、プラザキサの特異的中和剤としてプリズバインドが承認されました。プリズバインドは、ダビガトランのみに特異的に作用し、ダビガトランの抗凝固作用を迅速・完全・持続的に中和することが示されました。このような特長から、出血リスクを伴う周術期においては中和剤のあるプラザキサが選択肢の一つになり得ると思います。また、中和剤の存在はDOACを処方する医師の安心感につながるだけでなく、プラザキサを服用する患者さんにも「万が一、出血性合併症が発現した場合でもプリズバインドによって迅速に対応できる」と説明し出血リスクへの不安を軽減させることで、服薬アドヒアランスの向上につながるのではないかと期待しています。このように、中和剤の存在が医師と患者さん双方にとって薬剤選択の重要な基準になる可能性があると考えられます。

<< インタビュー一覧へ戻る