プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

中和剤の登場はカテーテルアブレーション施行時の安心感につながる

熊谷 浩一郎 先生

国際医療福祉大学 大学院 教授/
福岡山王病院 ハートリズムセンター センター長
熊谷 浩一郎 先生

DOACの登場によりアブレーション周術期のスケジュールが立てやすくなった

不整脈治療を専門とする当施設には、カテーテルアブレーション治療(アブレーション)を目的に、福岡県内外から多くの心房細動(AF)患者さんが紹介されてきます。アブレーション周術期には、AFの合併症である血栓塞栓症を予防するために抗凝固療法を行います。ワルファリンを用いる場合、当院では、アブレーション前日にプロトロンビン時間国際標準化比(PT-INR)が1.6未満あるいは3.0以上であれば、アブレーションを延期して用量を再調節しています。一方、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)にはモニタリングをせずに固定用量で投与できるという利点があり、従来のような細かな用量調節が必要なくなったことで、アブレーション周術期のスケジュールが立てやすくなりました。また、DOACは血栓塞栓症だけではなく、出血性合併症の抑制も期待できる薬剤であることから、アブレーション周術期の抗凝固療法として有用な選択肢であると考えています。当院では、出血リスクが高い患者さんに対しても、腎機能などを考慮した上で問題がなければ、DOACを投与しています。DOACにより抗凝固療法が積極的に行えるようになったことで、アブレーションの恩恵を受けられる患者さんが増加していることを実感しています。さらに、納豆をはじめとした食物の摂取制限がない点も評価でき、特に高齢の患者さんに喜ばれています。

DOACは安易に減量しないことが重要

DOACは、患者さん自身がその効果を実感するのが難しい薬剤ですが、心原性脳塞栓症の予防のために継続して服用する必要があります。しかし、出血に対する懸念から患者さんの自己判断で減量あるいは休薬してしまうケースもありますので、患者さんへの服薬指導の徹底が求められます。一方、処方する医師にも課題があり、出血リスクを懸念して標準用量での処方を躊躇するケースが少なくないのが現状です。特に、脳卒中や一過性脳虚血発作(TIA)の既往がある患者さんや、CHADS2スコア3点以上の脳卒中高リスクの患者さんに対しては、心原性脳塞栓症の発症・再発を防止するためにも、減量基準に該当しない限りDOACは標準用量で処方すべきと考えます。当院では、アブレーションを施行する患者さんに対しても必ず入院までにDOACを適正な用量で服用してもらうよう指導しています。

中和剤の登場はDOACのさらなる適正使用につながる

最近、わが国で初のDOACに対する中和剤として、プリズバインドが承認されました。プリズバインドは、ダビガトランに対する特異的中和抗体であり、その抗凝固作用を迅速・完全・持続的に中和します。プリズバインドのような中和剤があれば、アブレーション周術期の抗凝固療法に対する安心感がより高まります。アブレーションは術者の経験や技量の違いにより、心タンポナーデのリスクが高まったり、ドレナージに時間を要したりするケースもありますから、中和剤のあるDOACを選択することで、緊急時の救命率の向上が期待できます。また、出血リスクを懸念して抗凝固療法を受けたがらない患者さんにも、プラザキサであればプリズバインドで迅速に対応可能だと説明することで、処方を受け入れてくれるケースが増えると思います。中和剤の登場により、DOACの適切な用量選択を後押しし、心原性脳塞栓症の抑制に寄与するものと期待しています。

<< インタビュー一覧へ戻る