プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

中和剤の存在はDOACの一つの付加価値になり得る

小林 欣夫 先生

千葉大学大学院医学研究院
循環器内科学 教授
小林 欣夫 先生

DOACは頭蓋内出血リスクを高めずに心原性脳塞栓症の発症予防が期待できる

抗凝固療法は、非弁膜症性心房細動(NVAF)患者さんにおける心原性脳塞栓症の発症予防に不可欠です。2011年にプラザキサが発売されて以降、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が相次いで登場したことで、抗凝固療法は大きく変化しました。現在、わが国で使用できる4つのDOACは、各大規模臨床試験において、いずれも従来の経口抗凝固薬と比べ、脳卒中/全身性塞栓症の発症を同等またはそれ以上に抑制しつつ、頭蓋内出血などの大出血リスクを同等あるいは有意に低下させることが示されています。DOACでは定期的なモニタリングによる細かな用量調節を必要としないなどの特徴も挙げられますが、私が思うDOAC最大のメリットは、やはり頭蓋内出血リスクが低いことです。NVAF患者さんに対する抗凝固療法は、塞栓リスクと出血リスクとのバランスを考慮する必要がありますが、重篤な出血性合併症である頭蓋内出血リスクが低いDOACが登場したことにより、そのジレンマは大きく改善されたと考えています。

DOACの登場で、より多くのNVAF患者さんに適切な抗凝固療法が行われるようになった

従来の経口抗凝固薬では、出血リスクに対する懸念からCHADS2スコアの高低にかかわらず抗凝固療法の導入が躊躇されるケースは少なくありませんでした。しかし、頭蓋内出血リスクが従来の経口抗凝固薬に比べて低いことが、大規模臨床試験で示されているDOACであれば、出血リスクが高い患者さんにも比較的使用しやすく、適切な抗凝固療法が行われるようになったと感じています。このように、抗凝固療法に適応があるものの経口抗凝固薬の使用に踏み切れなかったNVAF患者さんに対しても、DOACの登場によって治療が積極的に行われるようになったという意味では、抗凝固療法があるべき姿になってきたと言えるのではないでしょうか。

中和剤の存在はDOACを選択する上での付加価値になり得る

経口抗凝固薬全般の課題として、服薬アドヒアランスの問題が挙げられます。抗凝固療法は、通常、患者さんが効果を実感することができないため、患者さん自身で服用を中止してしまうことがしばしばあります。そのため、経口抗凝固薬を服用している患者さんには、用法・用量を遵守して服用しなければ効果が期待できないことを理解してもらえるよう医師がきちんと説明することが重要です。また、これまでは経口抗凝固薬服用中に頭蓋内出血が発現した場合や、交通事故などにより緊急手術や処置が必要な場合に、抗凝固作用を速やかに中和できる薬剤がないことも課題でした。最近、わが国でもプラザキサの特異的中和剤としてダビガトランの抗凝固作用を迅速に中和するプリズバインドが承認されました。DOACの中和剤が必要となるケースは多くはないと思いますが、医師はもちろん、患者さん自身にとっても服用している薬剤の中和剤が存在することは安心感につながると思います。われわれのような虚血性心疾患を専門とする医師は、抗凝固薬と抗血小板薬を併用する機会も多く、出血リスクが高まることが懸念される場合には中和剤のあるDOACを選択する機会も増えてくると思います。4つのDOACを単純に比較することはできませんが、今後DOACを選択する上で、プラザキサのようにDOACの中で唯一、中和剤が存在することは一つの付加価値になり得ると考えています。

<< インタビュー一覧へ戻る