プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

中和剤の登場は、DOACを処方する医師のみならず、患者さんの抗凝固療法に対する不安の軽減につながる

里見 和浩 先生

東京医科大学病院 循環器内科
准教授
里見 和浩 先生

導入後の管理のしやすさが実臨床におけるDOACのメリット

直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)は、大規模臨床試験において有効性・安全性ともに従来の経口抗凝固薬と比べて同等以上であることが示されており、特に頭蓋内出血を発現するリスクが低い点は大きなメリットだと考えています。また、頻回な採血が不要で、食事制限がなく、他の薬剤との相互作用が少ないなど、導入後の管理がしやすい点も実臨床におけるDOACのメリットだと思います。効果の発現および消失が早く、オンとオフの切り替えが迅速にできる点も評価できます。さらに、心房細動治療(薬物)ガイドライン(2013年改訂版)でCHADS2スコア1点からの投与が推奨されたDOACもあり、脳卒中リスクが低い患者さんに対しても積極的に抗凝固療法を行えるようになりました。実際、当院に紹介されるCHADS2スコア1点の患者さんのほとんどにDOACが導入されており、これまで経口抗凝固薬の処方を躊躇していたプライマリケアの医師もDOACの登場により、積極的に導入するようになったと実感しています。

DOACはアブレーション周術期の管理にも有用

循環器内科の医師として私は、多くの非弁膜症性心房細動(NVAF)患者さんに対してカテーテルアブレーション治療(アブレーション)を施行していますが、その周術期においてもDOACの有用性を実感しています。アブレーション施行予定の患者さんでは、脳卒中リスクにかかわらず、通常、アブレーション施行前に1ヵ月程度は抗凝固療法を行いますが、従来の経口抗凝固薬ではプロトロンビン時間国際標準化比(PT-INR)が安定するまでに3~4週間程度かかるため、アブレーション施行までのスケジュール管理が難しい点が課題でした。一方、DOACは細かな用量調節が不要で、固定用量で効果を発揮しますから、アブレーション周術期のスケジュール管理がしやすいというメリットがあります。患者さんの服薬アドヒアランスが良好であれば血栓塞栓症をしっかりと予防でき、安心してアブレーションを施行できますので、周術期の抗凝固療法としてDOACは有用であると考えられます。

中和剤があることで医師、患者さんともに安心感が得られる

アブレーション周術期の抗凝固療法としてDOACを用いる場合、いったん休薬してヘパリンブリッジを行うケースが多いのですが、今後、ヘパリンブリッジを行わずにDOAC継続投与の有効性・安全性が確立されれば、アブレーション周術期におけるDOACの有用性はさらに高まると考えています。また、最近ダビガトランに対する特異的中和抗体であるプリズバインドがわが国で承認されたので、アブレーション施行時に万が一心タンポナーデなどの大出血が発現したとしても、プラザキサ服用患者さんであればその抗凝固作用を迅速に中和することが可能になります。これらを考慮すると、中和剤があるDOACであれば、アブレーション周術期においてより積極的な抗凝固療法を実施できるようになるのではないかと期待されます。また、DOACに対する中和剤があれば、抗凝固療法に共通したリスクである頭蓋内出血や消化管出血などが発現しても迅速に処置を実施することができるため、医師にとっての安心感は大きいと思います。さらには、中和剤の存在が患者さんの出血リスクに対する不安も軽減できるのではないかと期待を寄せています。

<< インタビュー一覧へ戻る