プラザキサ 製品紹介 Reverse in Anticoagulation Therapy
~スペシャルインタビュー~

<< インタビュー一覧へ戻る

循環器内科だけではなく他の診療科の医師にもDOACと中和剤について十分に知っていただきたい

副島 京子 先生

杏林大学医学部 循環器内科
教授
副島 京子 先生

DOACは安定した抗凝固作用が期待でき、脳卒中リスクが低い患者さんにも導入できる

従来の経口抗凝固薬は、薬物や食物との相互作用、特に高齢の患者さんでは体調の変化や抗菌薬の併用などによりプロトロンビン時間国際標準化比(PT-INR)が変動するため、頻回に採血してPT-INRを確認しながら細かく用量調整する必要があります。一方、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)は、細かいモニタリングをせずに、1日1回または2回の服用で安定した抗凝固作用を得られることが期待できるため、非常に有用だと実感しています。また、心房細動治療(薬物)ガイドライン(2013年改訂版)で脳卒中低リスクの患者さんへの投与が推奨されたDOACもあり、脳卒中低リスクの患者さんに対して抗凝固療法を積極的に行えるようになったことも大きなメリットだと考えています。脳卒中はCHADS2スコア0点であっても発症頻度が1~2%程度あり、一度でも発症すると患者さんのその後の人生に大きな影響を及ぼしますので、当院ではCHADS2スコア0点であっても患者さんと相談した上で、ほとんどの患者さんにDOACを導入しています。

中和剤はアブレーション周術期の安心感につながる

カテーテルアブレーション治療(アブレーション)周術期にも抗凝固療法としてDOACを導入するケースが増えていますが、大出血時の対応が課題です。幸い、私はこれまで緊急処置を要する大出血は経験していませんが、例えば、ヘパリンがプロタミンで中和できるように、万が一に備えて、DOACにも中和剤があれば侵襲的な処置を実施する際の安心感が違います。プリズバインドは、ダビガトランの抗凝固作用を迅速かつ完全に中和しますので、プラザキサを服用中の患者さんが、万が一アブレーション周術期に大出血を発現しても、速やかに対応することが可能です。また近年、DOACを継続したままアブレーションを施行できるというエビデンスが蓄積されつつあります。特に脳卒中リスクが高い患者さんではアブレーション周術期も抗凝固療法を継続するのが望ましいことを考慮すると、DOACの中和剤の存在意義はより高まると考えられます。今までは、DOAC服用中の大出血時の対応として、血液製剤などの対症療法が主な手段でしたが、特異的な中和剤という新たな選択肢が増えることは、臨床現場では大きなベネフィットとなります。今後は中和剤の有無によって処方するDOACを決定するケースも増えると考えています。

中和剤の存在を多くの診療科の医師にも周知させることが大切

現在、DOACによる抗凝固療法では、標準用量を投与すべき患者さんであるにもかかわらず、出血リスクを懸念して低用量で投与されているケースも少なくありません。今後、中和剤の登場によって、今まで標準用量での投与を躊躇していた医師も、積極的に標準用量を選択できるケースが増えるのではないかと期待しています。また、抗凝固療法中の出血は経口抗凝固薬以外に起因する緊急手術時や外傷といった外的要因によるものが多い印象があります。そこで、プラザキサのような中和剤があるDOACを選択することで、手術の可能性がある患者さん、自動車などを運転する機会が多く交通事故のリスクが懸念される患者さんにより安心感を与えられると考えられます。そのためにも、緊急手術を行う救命救急科や脳神経外科、消化器外科、あるいは重大な出血が予想される抜歯を行う歯科など他科の医師にも、DOACとその中和剤の存在について十分に知っていただく必要があります。ただし、全施設で中和剤を使用できる体制を整えるのは困難だと思われますので、医療圏内のプライマリケアの医師などには、中和剤が使用できる施設を周知させることも大切だと考えています。

<< インタビュー一覧へ戻る