プラザキサ 製品紹介 RE-DUAL PCI試験 RE-DUAL PCI試験
~専門医スペシャルインタビュー~

監修コメント

木村 剛 先生 /京都大学大学院医学研究科 循環器内科学 教授

木村 剛 先生
京都大学大学院医学研究科
循環器内科学 教授

欧州心臓病学会(ESC2017)のLate-Breaking Science Sessionで発表されたRE-DUAL PCI試験は、非弁膜症性心房細動(NVAF)を合併する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者さんに対し、ワルファリンを含む3剤併用抗血栓療法とプラザキサを含む2剤併用抗血栓療法の安全性・有効性を比較検討した試験であり、プラザキサの安全性が証明されました。
本試験の特徴は、「臨床用量のプラザキサが用いられている」、「日本人の患者が含まれている」ことに加え、「対照群のワルファリンにアスピリンを併用する期間が短期間であった」点です。
本試験の結果は、NVAF合併PCI施行患者さんに対する今後の抗血栓療法に大きな影響を与えると考えられます。