プラザキサ 製品紹介 RE-DUAL PCI試験 RE-DUAL PCI試験
~スペシャルインタビュー~ 森野 禎浩 先生

<< インタビュー一覧へ戻る

NVAFを合併するPCI施行患者さんの抗血栓療法に新たなエビデンスを示したRE-DUAL PCI試験

森野 禎浩 先生

岩手医科大学内科学講座
循環器内科分野 教授
森野 禎浩 先生

当院におけるNVAFを合併するPCI施行患者さんの特徴と抗血栓療法

非弁膜症性心房細動(NVAF)を合併する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者さんはNVAFを合併していないPCI施行患者さんと比べ、より高齢であり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病も多く合併しています。そのため、血栓リスクのみならず出血リスクも高いことが特徴です。
当院におけるNVAFを合併するPCI施行患者さんに対する抗血栓療法は、欧州心臓病学会(ESC)ガイドライン2016で示されているように、経口抗凝固薬に抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)を加えた3剤併用抗血栓療法を実施する場合、DAPT期間を極力1ヵ月に短縮するよう心がけています。ESCガイドライン2016ではPCI施行1年後は抗凝固薬単独療法を推奨していますが、まだ明確なエビデンスは存在しないため、当院では経口抗凝固薬にP2Y12阻害剤を加えた2剤併用抗血栓療法を継続することを基本としています。なお、PCI施行後の抗血栓療法における経口抗凝固薬の選択として、重度腎機能障害などの禁忌例を除き、エビデンスの集積が進んでいる直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)を使用する頻度が高まっています。

プラザキサにP2Y12阻害剤を加えた2剤併用抗血栓療法の安全性・有効性

RE-DUAL PCI試験では、ステント留置を伴うPCI施行後のNVAF患者さんを対象に、プラザキサにP2Y12阻害剤を加えた2剤併用抗血栓療法と標準療法であるワルファリンにDAPTを加えた3剤併用抗血栓療法の安全性・有効性が比較検討されました。その結果、ワルファリン群に比べてプラザキサ群で出血リスクが有意に低く、かつ血栓リスクは非劣性であることが示されました。本試験で特に評価できる点としては、日本人患者(111例)が登録されていたこと、心房細動が原因となる脳卒中予防効果が証明されているプラザキサの臨床用量(110mg×2回/日、150mg×2回/日)が用いられていたことです。このことから、RE-DUAL PCI試験の結果は日常診療にすぐに反映させることが可能です。また、最近発表されたESCガイドライン2017 focused updateでは、NVAFを合併するPCI施行患者さんに対する抗血栓療法として、患者さんの出血リスク・血栓リスクを考慮した抗血栓療法が推奨されています。RE-DUAL PCI試験では、プラザキサ2用量の安全性・有効性が示されており、患者背景に合わせてプラザキサの用量を選択できることも大きな利点であると考えます。

NVAF合併PCI施行患者さんに対する抗血栓療法の今後の課題と展望

RE-DUAL PCI試験により、プラザキサにP2Y12阻害剤を加えた2剤併用抗血栓療法のエビデンスが示されたことで、NVAFを合併するPCI施行患者さんに対しても、今後ますますDOACをベースとした抗血栓療法が普及していくと考えられます。今後の課題としては、PCI施行後の長期にわたる抗血栓薬の併用により出血リスクが高い状態が続くため、PCI施行1年後以降における経口抗凝固薬単独療法のエビデンスが蓄積されることが望まれます。
また、DOACであっても出血リスクが“0”になるわけではないため、DOACと抗血小板薬を併用するようなケースでは、プラザキサに対するプリズバインドのように抗凝固作用を迅速に中和できる薬剤の存在も、医師・患者双方の安心感につながると考えられます。

<< インタビュー一覧へ戻る