プラザキサ 製品紹介 RE-DUAL PCI試験 RE-DUAL PCI試験
~スペシャルインタビュー~ 七里 守 先生

<< インタビュー一覧へ戻る

NVAF合併PCI施行患者さんにおいてもDOACをベースとした抗血栓療法が選択される時代に

七里 守 先生

名古屋第二赤十字病院
第二循環器内科部長
七里 守 先生

NVAF合併PCI施行患者さんのDAPT期間は出血リスクに応じて判断

非弁膜症性心房細動(NVAF)を合併する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者さんでは、NVAFを合併していないPCI施行患者さんに比べてより高齢であり、高血圧などの併存疾患を複数有することが少なくないため、血栓リスクと出血リスクがともに高い方が多いのが特徴です。
当院ではNVAFを合併するPCI施行患者さんにおける抗血栓療法として、明確なプロトコールはありませんが、主治医が患者さんの状態を考慮し、主に抗凝固薬に抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)を加えた3剤併用抗血栓療法を実施しています。DAPT期間は患者さんの出血リスクに応じて異なりますが、急性冠症候群(ACS)、非ACSにかかわらず原則1~3ヵ月としています。また、PCI施行後の抗血栓療法に用いる抗凝固薬としては、重度腎機能障害などの禁忌例を除いては、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)を選択するケースが多くなりました。

RE-DUAL PCI試験ではプラザキサ両用量群で出血リスクが低下

RE-DUAL PCI試験では、ステント留置を伴うPCIを施行したNVAF患者さんにおける抗血栓療法として、ワルファリンにDAPTを加えた3剤併用抗血栓療法に対して、プラザキサにP2Y12阻害剤を加えた2剤併用抗血栓療法の安全性・有効性が比較検討されました。本試験では、NVAF患者さんにおける脳卒中予防効果が認められているプラザキサの臨床用量(110mg×2回/日、150mg×2回/日)が用いられていました。その結果、出血リスクはワルファリン群に比べてプラザキサ両用量群で有意に低下し、血栓リスクはワルファリン群に対して、プラザキサ群全体(110mg群・150mg群統合)の非劣性が示されました。そして、本試験において注目すべきは、致命的な出血性合併症になり得る頭蓋内出血の発現率がワルファリン群に比べてプラザキサ両用量群で低かったことです。また、ワルファリン群におけるアスピリンの併用期間が、ベアメタルステント留置例では1ヵ月、薬剤溶出ステント留置例では3ヵ月と明確に定められていたにもかかわらず、プラザキサ両用量群ともにワルファリン群に比べて国際血栓止血学会(ISTH)基準やTIMI基準による大出血を含めた出血性合併症の発現リスクが低下したことも高く評価できる点だと考えています。

NVAF合併PCI施行患者さんの抗血栓療法の今後の変遷

従来の経口抗凝固薬に比べて、出血リスクが低く、細かな用量調節が不要で効果発現までの時間も速いDOACが普及したことで、より多くのNVAF患者さんに抗凝固療法が実施できるようになりました。そして、RE-DUAL PCI試験の結果が示されたことを契機に、NVAF合併PCI施行患者さんにおいても、DOACをベースとした2剤併用抗血栓療法が選択される時代になっていくと考えられます。ただし、DOACであってもその抗凝固作用から出血リスクは“0”ではありません。そのため、万が一の出血に備えて、抗凝固作用を迅速に中和するプリズバインドのような薬剤が存在することは、医師のみならず患者さんにとっても大きな意義があると思います。
一方、今後ますます高齢化が進むわが国において、抗血栓薬を服用する患者さんも増加することが想定されるため、薬剤選択の際の安全性・有効性はもとより服薬コンプライアンスなどを向上させる社会的な取り組みも必要であると感じています。

<< インタビュー一覧へ戻る