プラザキサ “Think FAST” campaignThink FAST” campaign
~スペシャルインタビュー~

Think FAST” campaign実行委員長からのコメント

鈴木 倫保 先生

鈴木 倫保 先生 /山口大学大学院医学系研究科 脳神経外科学 教授

鈴木 倫保 先生
山口大学大学院医学系研究科
脳神経外科学 教授

鈴木 倫保 先生

転倒・転落による頭部外傷患者さんに占める高齢者の割合が増加しています。特に抗血栓薬内服中の高齢者が頭部を受傷した場合、一見軽症で最初は会話が可能なものの、経過中に急速に意識障害が進行する“Talk & Deteriorate”と呼ばれる病態を発現する割合が多いことが日本頭部外傷データバンクから報告され、問題となっています。そのため、医療界および一般市民に対して高齢者頭部外傷の危険性およびその対応を啓発すべく、日本脳神経外科学会、⽇本救急医学会、⽇本脳神経外傷学会、⽇本脳卒中学会、⽇本循環器学会、⽇本脳卒中協会の5学会1団体が後援する、“Think FAST” campaignをスタートしました。

65歳以上

インタビュー一覧

  • NEW 10/16 up

    循環器内科医が知っておくべき抗血栓薬内服中の頭部外傷患者さんへの適切な対応

    池田 隆徳 先生

    東邦大学大学院医学研究科
    循環器内科学
    教授
     

    池田 隆徳 先生

     > 記事を読む
  • 09/25 up

    抗血栓薬内服中の頭部外傷患者さんは軽症でも慎重な対応が必要

    橋本 洋一郎 先生

    熊本市民病院
    首席診療部長・神経内科部長
     
     

    橋本 洋一郎 先生

     > 記事を読む
  • 09/18 up

    抗血栓薬内服中の頭部外傷患者さんに適切な対応をするために

    坂本 哲也 先生

    帝京大学医学部附属病院
    病院長
     
     

    坂本 哲也 先生

     > 記事を読む
  • 09/18 up

    抗血栓薬内服中の頭部外傷のキーワードは“Talk & Deteriorate”

    矢坂 正弘 先生

    独立行政法人国立病院機構
    九州医療センター
    脳血管センター
    部長

    矢坂 正弘 先生

     > 記事を読む
PC
2018年8月作成