製品情報 製品Q&A

オフェブ
呼吸器
製剤関連・その他
Q 肺癌合併症例に対する使用は可能でしょうか?
A  

オフェブの承認された効能・効果は「特発性肺線維症」です。
肺癌をはじめとする各種癌を合併したIPF患者に対する本剤の有効性および安全性は、使用経験が少ないため確立していません。
また、癌患者に対して、本剤のIPFに対する用法・用量である150mg 1日2回を投与した場合の有効性および安全性は確立していません。
肺癌を合併するIPF患者に対する本剤の使用については、リスクとベネフィットを考慮し慎重に検討してください。

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。