製品情報 製品Q&A

ジオトリフ
がん
有効性
Q 臨床試験(LUX-Lung 3試験)の有効性(全症例:無増悪生存期間[PFS])は?
A  

PFS中央値はジオトリフ群11.1ヵ月、PEM+CDDP群6.9ヵ月、ハザード比0.58(95%信頼区間:0.43-0.78)で有意差が認められました(p=0.0004、両側層別ログランク検定)。

無増悪生存期間 [主要評価項目]

無増悪生存期間

層別解析の結果、Common mutation例(試験全体の89%)のPFS中央値はジオトリフ群13.6ヵ月、PEM+CDDP群6.9ヵ月、ハザード比0.471(95%信頼区間:0.344-0.646)でした(p<0.0001、両側ログランク検定)。

Common mutation (Del 19 またはL858R)例の無増悪生存期間 [サブグループ解析]

Common mutation例の無増悪生存期間

  1. Jones H. et al.:社内資料 国際共同第Ⅲ相試験(LUX-Lung 3)[承認時評価資料]
  2. Sequist LV. et al.:J Clin Oncol 31(27), 3327, 2013
    本研究はベーリンガーインゲルハイム社の支援により実施されました

EGFR遺伝子変異の分布

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。