製品情報 製品Q&A

ジオトリフ
がん
安全性
Q ジオトリフの休薬・減量基準は?
A  

副作用のグレードを基に本剤の投与継続または休薬を判断し、投与再開時には10mg減量してください。
また、本剤を一旦減量した後は、増量を行わないでください。

減量基準

■ジオトリフの用法・用量

通常、成人にはアファチニブとして1日1回40mgを空腹時に経口投与する。
なお、患者の状態により適宜増減するが、1日1回50mgまで増量できる。

<用法・用量に関連する使用上の注意>
  1. (1) 副作用が発現した場合は、症状、重症度等に応じて、以下の基準を考慮し、休薬、減量又は中止すること。[「重大な副作用」の項参照]

    ジオトリフの用法・用量

    1. 注1)グレードはNCI-CTCAE 3.0版による。
    2. 注2)48時間を超える下痢又は7日間を超える皮膚障害
    3. 注3)1日1回20mg投与で忍容性が認められない場合は、投与中止を考慮すること。
    4. 注4)一旦減量した後は、増量を行わないこと。
  2. (2) 1日1回40mgで3週間以上投与し、下痢、皮膚障害、口内炎及びその他のグレード2以上の副作用が認められない場合は1日1回50mgに増量してもよい。
  3. (3) 食後に本剤を投与した場合、Cmax及びAUCが低下するとの報告がある。食事の影響を避けるため食事の1時間前から食後3時間までの間の服用は避けること。[「薬物動態」の項参照]
  4. (4) 他の抗悪性腫瘍剤との併用について、有効性及び安全性は確立していない。

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。