製品情報 製品Q&A

ジオトリフ
がん
安全性
Q ジオトリフの主な副作用である爪囲炎についての注意点は?その対策は?
A  

爪囲炎については皮膚科医への相談をご検討ください

  • 爪囲炎の治療は、外用ステロイドと外用抗菌薬がベースになります。
  • Grade 2以上の場合にはミノサイクリンの内服を、2次感染が疑われる場合にはその他の経口抗菌薬への切り替えを検討します。
  • 炎症部位の症状軽減のためにテーピングを実施します。
  • 外科的治療など詳細につきましては皮膚科医にご相談ください。

爪の異常のGrade別発現状況(LUX-Lung 3のジオトリフ群;n=229)

爪の異常のGrade別発現状況(LUX-Lung 3のジオトリフ群;n=229)

■爪囲炎発現時の対応

  • Grade 3以上の爪囲炎、もしくは持続する(7日間を超える)または忍容できないGrade 2の爪囲炎が認められた場合は、Grade 1以下に回復するまでジオトリフの投与を休薬してください。

ざ瘡発現時の対応

  • ステロイド使用にあたっての注意 ステロイドの長期使用で生じる易感染性などのリスクを避けるため、状況に応じてステロイドのランクを下げる、または塗布回数を減らすなどしてください。
  • 監修:国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科 科長 山﨑 直也 先生
  • ジオトリフ 適正使用ガイド

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。