製品情報 製品Q&A

ビ・シフロール
パーキンソン病
製剤関連・その他
Q パーキンソン病における、ビ・シフロール錠の漸増方法は?(年齢・症状により適宜調整)
A  

1. パーキンソン病:
通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として1日量0.25mg からはじめ、2週目に1日量を0.5mg とし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.5mg ずつ増量し、維持量(標準1日量1.5 〜4.5mg)を定める。1日量がプラミペキソール塩酸塩水和物として1.5mg 未満の場合は2回に分割して朝夕食後に、1.5mg 以上の場合は3回に分割して毎食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減ができるが、1日量は4.5mg を超えないこと。

ビ・シフロール錠の漸増投与方法(年齢・症状により適宜調整)

ビ・シフロール錠の漸増投与方法(年齢・症状により適宜調整)

◆用法・用量に関連する使用上の注意
  1. (1) 本剤の投与は、少量から開始し、幻覚等の精神症状、消化器症状、血圧等の観察を十分に行い、慎重に維持量(標準1日量1.5 〜4.5mg)まで増量すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「副作用」の項参照]
  2. (2) 本剤は主に尿中に未変化体のまま排泄される。腎機能障害患者(クレアチニンクリアランスが50mL/min 未満)に本剤を投与すると、腎クリアランスの低下により本剤の消失半減期が延長するため、次のような投与法を目安に投与回数を調節し腎機能に注意しながら慎重に漸増すること。なお、腎機能障害患者に対する最大1回量は1.5mg とする。
    また、透析患者あるいは非常に高度な腎機能障害患者での十分な使用経験はないので、このような患者に対しては状態を観察しながら慎重に投与すること。[「慎重投与」、「高齢者への投与」、「薬物動態」の項参照]

用法・用量に関連する使用上の注意

2.中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群):
通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として0.25mgを1日1回就寝2~3時間前に経口投与する。投与は1日0.125mgより開始し、症状に応じて1日0.75mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこと。

◇用法用量に関連する使用上の注意
特発性レストレスレッグス症候群における1日最大投与量(0.75mg)は、パーキンソン病患者 よりも低いため、クレアチニンクリアランスが20mL/min以上の腎機能障害患者では減量の必要はないが、透析中あるいはクレアチニンクリアランスが20mL/min未満の高度な腎機能 障害患者における本剤の有効性及び安全性は確立していないため、これらの患者に対する 本剤の投与については、治療上の有益性と危険性を考慮して慎重に判断すること。[「慎重投与」、「高齢者への投与」、「薬物動態」の項参照]

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。