製品情報 製品Q&A

ミラペックス
パーキンソン病
有効性
Q ミラペックスのL-DOPA併用下での臨床的有効性は?
A  

ミラペックスは進行期パーキンソン病(L-DOPA併用)患者のUPDRS PartⅡ+Ⅲ合計スコアをプラセボに比べ、有意に改善しました。(国際共同試験、海外データ)

進行期パーキンソン病患者を対象とした海外第Ⅲ相試験:
プラセボに対する優越性の検証試験1,2)

承認時評価資料

目的:
進行期パーキンソン病(L-DOPA併用)患者におけるミラペックスLAの有効性、忍容性および安全性について、プラセボおよびビ・シフロールと比較する。
対象:
L-DOPAまたはL-DOPA/エンタカポンで治療を受けている進行期パーキンソン病患者518例(評価例数:投与18週時507例) (安静時振戦、運動緩慢、筋固縮の少なくとも2つ以上の症状を有する、Modified Hoehn & Yahr重症度2 ~ 4、運動合併症の日内変動として起きている時間に少なくとも1日に計2時間以上のoff時間が毎日ある)
方法:
ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験
ミラペックスLA 0.375 ~ 4.5mg/日またはプラセボを1日1回朝(食前または食後)、ビ・シフロール0.375 ~ 4.5mg/日またはプラセボを1日3回等量分割で経口投与した。漸増期7週間、維持期11週間、漸減期最長6日間とした。
評価:
主要評価項目:
投与18週におけるUPDRS PartⅡ(日常生活動作)+Ⅲ(運動能力)合計スコアのベースラインからの変化量
重要な副次評価項目:
患者日誌による起きている時間におけるoff時間の割合のベースラインからの変化量

■投与18週におけるUPDRS PartII+III合計スコアの変化量:主要評価項目

投与18週におけるUPDRS PartII+III合計スコアの変化量は、ミラペックスLA群-11.0、ビ・シフロール群-12.8 、プラセボ群-6.1となり、ミラペックスLA群とプラセボ群との間に有意差が認められました。

UPDRS PartII+III合計スコアの変化量(投与18週)、UPDRS PartII+III合計スコアの推移(投与18週)

調整平均値、群間検定は投与群と治験実施国を因子、ベースライン値を共変量としたANCOVAより算出。

Schapira, A. H. et al.: Neurology. 2011;77(8): 767より一部作図
本試験はベーリンガーインゲルハイム社の支援により行われました。

■副作用

副作用は、ミラペックスLA群164例中62例(37.8%)、ビ・シフロール群175例中78例(44.6%)、プラセボ 群178例中62例(34.8%)に認められました。その主なものは、ミラペックスLA群でジスキネジア27例(16.5%)、傾眠18例(11.0%)、悪心18例(11.0%)、便秘11例(6.7%)、頭痛11例(6.7%)、幻覚9例(5.5%)等、ビ・シフロル群でジスキネジア32例(18.3%)、傾眠24例(13.7%)、悪心20例(11.4%)、便秘10例 (5.7%)、幻覚9例(5.1%)、浮動性めまい18例(10.3%)、嘔吐10例(5.7%)等、プラセボ群でジスキネジア14例(7.9%)、傾眠24例(13.5%)、悪心18例(10.1%)、便秘9例(5.1%)、浮動性めまい9例(5.1%)等でした。

■国内で承認されたミラペックスLAの【用法・用量】
通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として1日量0.375mg1日1回食後経口投与からはじめ、2週目に1日量を0.75mgとし、以後経過を 観察しながら、1週間毎に1日量として0.75mgずつ増量し、維持量(標準1日量1.5~ 4.5mg1日1回食後経口投与)を定める。なお、年齢、症状により 適宜増減ができるが、1日量は4 .5 mgを超えないこと。

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。