製品情報 製品Q&A

ミラペックス
パーキンソン病
製剤関連・その他
Q ミラペックスLA錠の漸増投与方法は?
A  

用法・用量

通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として1日量0.375mg1日1回食後経口投与からはじめ、2週目に1日量を0.75mgとし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.75mgずつ増量し、維持量(標準1日量1.5~4.5mg1日1回食後経口投与)を定める。なお、年齢、症状により適宜増減ができるが、1日量は4.5mgを超えないこと。

ミラペックスLA錠の漸増投与法(年齢・症状により適宜増減)

ビ・シフロール錠の漸漕投与方法 (年齢・症状により適宜調整)

■用法・用量

<用法・用量に関連する使用上の注意>
  1. (1) 本剤の投与は、少量から開始し、幻覚等の精神症状、消化器症状、血圧等の観察を十分に行い、慎重に維持量( 標準1日量1.5 〜4 .5 mg)まで増量すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「副作用」の項参照]
  2. (2) 腎機能障害患者に対する投与法
    腎機能障害患者(クレアチニンクリアランスが3 0 -5 0 mL/min)には、治療開始1週間は本剤0 .3 75 mgを隔日投与し、増量が必要な場合には患者の状態( 精神症状、消化器症状、血圧等)や腎機能に注意しながら慎重に1週間毎に0 .3 75 mgずつ漸増すること。なお、最大1日量は2 .2 5 mgとする。また、透析患者を含む高度な腎機能障害患者(クレアチニンクリアランスが3 0 mL/min未満)に対しては状態を観察しながら速放錠である「ビ・シフロール錠0. 12 5 mg、同0. 5 mg」を慎重に投与すること。[「禁忌」、「慎重投与」、「高齢者への投与」、「薬物動態」の項参照]

    腎機能障害患者に対する投与法

  3. (3) 本剤の1日1回食後投与は、できるだけ同じ時間帯に服用すること。

■使用上の注意(一部抜粋)

2.重要な基本的注意
  1. (6) 本剤の有効成分は、速放錠である「ビ・シフロール錠0.125mg、同0.5mg」と同一であるが、用法・用量が異なることに注意すること。また、「ビ・シフロール錠0.125 mg、同0.5 mg」から本剤へ切り替える場合には、翌日から切り替え可能であるが、十分に患者の状態を観察すること。[「臨床成績」の項参照]

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。