製品情報 製品Q&A

ミカルディス
高血圧
安全性
Q ミカルディスの使用上の注意:相互作用は?
A  

本剤は、主としてUGT酵素(UDP-グルクロノシルトランスフェラーゼ)によるグルクロン酸抱合によって代謝される。また、本剤は薬物代謝酵素P450では代謝されない。

[併用注意](併用に注意すること)
薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子
ジゴキシン 併用により血中ジゴキシン濃度が上昇したとの報告があるので、血中ジゴキシン濃度に注意すること。1) 機序不明

カリウム保持性利尿剤

スピロノラクトン

トリアムテレン等

カリウム補給剤

血清カリウム濃度が上昇するおそれがあるので注意すること。

併用によりカリウム貯留作用が増強するおそれがある。

危険因子:特に腎機能障害のある患者

リチウム製剤

炭酸リチウム

アンジオテンシン変換酵素阻害剤との併用により、リチウム中毒を起こすことが報告されているので、血中リチウム濃度に

注意すること。

明確な機序は不明であるが、ナトリウムイオン不足はリチウムイオンの貯留を促進するといわれているため、本剤がナトリウム排泄を促進することにより起こると考えられる。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

COX-2選択的阻害剤

糸球体ろ過量がより減少し、腎障害のある患者では急性腎不全を引き起こす可能性がある。 プロスタグランジン合成阻害作用により、腎血流量が低下するためと考えられる。
降圧薬の効果を減弱させることが報告されている。 血管拡張作用を有するプロスタグランジンの合成が阻害されるため、降圧薬の血圧低下作用を減弱させると考えられている。
アンジオテンシン変換酵素阻害剤 急性腎不全を含む腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧を起こすおそれがあるため、腎機能、血清カリウム値及び血圧を十分に観察すること。2) 併用によりレニン-アンジオテンシン系阻害作用が増強される可能性がある。
アリスキレンフマル酸塩 腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧を起こすおそれがあるため、腎機能、血清カリウム値及び血圧を十分に観察すること。なお、eGFRが60mL /min /1.73m2未満の腎機能障害のある患者へのアリスキレンフマル酸塩との併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避けること。

併用によりレニン-アンジオテンシン系阻害作用が増強される可能性がある。

  1. 1)Stangier J et al:J Clin Pharmacol 40:1373,2000
  2. 2)Makani H et al:BMJ 346:f360,2013

詳細は添付文書をご確認ください。

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。