製品情報 製品Q&A

スピオルト
呼吸器
有効性
Q COPD患者における、スピオルト®レスピマット®の呼吸機能改善効果は?
A スピオルト®レスピマット®は優れた呼吸機能改善効果を示します。

■海外第Ⅲ相臨床試験(海外データ)

目的:
COPD患者を対象に、チオトロピウム+オロダテロール配合剤 2 用量(2.5μg/5μg、5μg/5μg)を、1日1回6週間吸入投与したときの24時間呼吸機能プロファイルを検討する。
対象:
中等症から最重症(GOLD StageⅡ/Ⅲ/Ⅳ)COPD患者219例
試験:
第Ⅲ相、多施設共同、ランダム化、二重盲検、プラセボ・実薬対照、6群4期不完備型クロスオーバー試験
方法:
チオトロピウム+オロダテロール配合剤2.5μg/5μg※1、チオトロピウム+オロダテロール配合剤5μg/5μg(スピオルト®5μg/5μg)、チオトロピウム2.5μg※1、チオトロピウム5μg(スピリーバ®5μg)、オロダテロール5μg※1及びプラセボを、レスピマット®を用いて1日1回6週間吸入投与した。
  1. ※1 チオトロピウム+オロダテロール配合剤2.5μg/5μg、チオトロピウム2.5μg、オロダテロール5μg は国内未承認です。
    スピリーバ®の国内で承認された効能・効果、効能・効果に関連する使用上の注意、用法・用量、用法・用量に関連する使用上の注意、使用上の注意につきましては最新の添付文書をご参照ください。

試験プロトコール

試験プロトコール

主要評価項目:
FEV1AUC0-24hのベースラインからの変化量(6週間後)
重要な副次評価項目:
FEV1AUC0-12hのベースラインからの変化量(6週間後)、FEV1AUC12-24hのベースラインからの変化量(6週間後)
副次評価項目:
トラフFEV1 のベースラインからの変化量(6週間後)、ピークFEV1(0-3h)のベースラインからの変化量(6週間後)、トラフFVCのベースラインからの変化量(6週間後)、ピークFVC0-3h のベースラインからの変化量(6週間後)、機能的残気量(FRC)のベースラインからの変化量(6週間後)、残気量(RV)のベースラインからの変化量(6週間後)、FVC AUC 0-24hのベースラインからの変化量(6週間後)、FVC AUC 0-12hのベースラインからの変化量(6週間後)、FVC AUC 12-24hのベースラインからの変化量(6週間後)など
安全性:
副作用※2 は、スピオルト®5μg/5μg投与139例中3例(2.2%)、スピリーバ®5μg投与138例中8例(5.8%)、オロダテロール5μg投与138例中6例(4.3%)及びプラセボ投与138例中9例(6.5%)に認められた。主な副作用は、スピオルト®5μg/5μgでは口内乾燥2例(1.4%)、咽頭乾燥1例(1.4%)、上気道分泌増加
1例(1.4%)、スピリーバ®5μg では頭痛3例(2.2%)、浮動性めまい2例(1.4%)、鼻咽頭炎1例(0.7%)、オロダテロール5μgでは鼻咽頭炎、頭痛、不整脈が各1例(0.7%)及びプラセボでは発声障害3例(2.2%)、咳嗽2例(1.4%)、鼻咽頭炎1例(0.7%)であった。
  1. ※2 医師の判定による。
    チオトロピウム+オロダテロール配合剤2.5μg/5μg、チオトロピウム2.5μgは承認外用量のため、臨床成績から削除した。

呼吸機能改善効果1), 2)

1)FEV1AUC0-24hのベースラインからの変化量:主要評価項目

主要評価項目であるスピオルト®5μg/5μgの投与6週間後におけるFEV1AUC0-24hのベースラインからの変化量は0.244Lであり、各単剤(スピリーバ®5μg、オロダテロール5μg)及びプラセボと比較して有意に改善しました。

スピオルト®5μg/5μgの投与6週間後におけるFEV1は、各単剤(スピリーバ®5μg、オロダテロール5μg)及びプラセボと比較して、吸入後24時間までのいずれの評価時点においても有意に改善しました。

吸入後24時間のFEV1の推移(6週間後)(海外データ)

吸入後24時間のFEV1の推移(6週間後)(海外データ)

調整平均値(混合効果反復測定モデル) 投与前の共通ベースライン±SE:1.301±0.030(L)
††††:p<0.0001 vs. プラセボ投与、####:p<0.0001、###:p<0.001 vs. オロダテロール5μg投与、****:p<0.0001、***:p<0.001、 **:p<0.01 vs. スピリーバ®5μg投与

  • ※ 投与及び投与期を固定効果、患者を変量効果、投与期のベースライン及び患者のベースラインを共変量として調整

チオトロピウム+オロダテロール配合剤2.5μg/5μg、チオトロピウム2.5μgは承認外用量のため削除した。

2)ピークFEV1(0-3h)及びトラフFEV1のベースラインからの変化量3), 4):副次評価項目

スピオルト®5μg/5μgの投与6週間後におけるピークFEV1(0-3h)のベースラインからの変化量は0.411Lであり、各単剤(スピリーバ®5μg、オロダテロール5μg)及びプラセボと比較して有意に改善しました。また、スピオルト®5μg/5μgの投与6週間後におけるトラフFEV1のベースラインからの変化量は、各単剤(スピリーバ®5μg、オロダテロール5μg)及びプラセボと比較して有意に改善しました。

ピークFEV1(0-3h)の変化量(6週間後)(海外データ)

ピークFEV1(0-3h)の変化量(6週間後)(海外データ)

調整平均値(混合効果反復測定モデル) 共通ベースライン±SE:1.301±0.030(L)
††††:p<0.0001 vs. プラセボ投与、####:p<0.0001 vs. オロダテロール5μg投与、****:p<0.0001 vs. スピリーバ®5μg投与

  • ※ 投与及び投与期を固定効果、患者を変量効果、投与期のベースライン及び患者のベースラインを共変量として調整

チオトロピウム+オロダテロール配合剤2.5μg/5μg、チオトロピウム2.5μgは承認外用量のため削除した。

(2)安全性3)

副作用は、スピオルト®5μg/5μgを投与された139例中3例(2.2%)、スピリーバ®5μg投与138例中8例(5.8%)、オロダテロール5μg投与138例中6例(4.3%)及びプラセボ投与138例中9例(6.5%)に認められました。主な副作用は以下のとおりです。

副作用(海外データ)

副作用(海外データ)

n(%)

  • ※ 医師の判定による。

MedDRA基本語を基にまとめた(MedDRA ver.16.0)。
チオトロピウム+オロダテロール配合剤2.5μg/5μg、チオトロピウム2.5μgは承認外用量のため削除した。

スピオルト® レスピマット® の【効能・効果】

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の気道閉塞性障害に基づく諸症状の緩解(長時間作用性吸入抗コリン剤及び長時間作用性吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

<効能・効果に関連する使用上の注意>
本剤は慢性閉塞性肺疾患(COPD:慢性気管支炎、肺気腫)の維持療法に用いること。本剤は急性症状の軽減を目的とした薬剤ではない。
スピオルト® レスピマット® の【用法・用量】

通常、成人には1回2吸入(チオトロピウムとして5μg及びオロダテロールとして5μg)を1日1回吸入投与する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>
本剤は1日1回、できるだけ同じ時間帯に吸入すること。患者に対し、本剤の過度の使用により不整脈、心停止等の重篤な副作用が発現する危険性があることを理解させ、1日1回を超えて投与しないよう注意を与えること。(「重要な基本的注意」、「過量投与」の項参照)
スピオルト® レスピマット® の【使用上の注意】(抜粋)
2.重要な基本的注意
  1. (1) 本剤はCOPDの急性増悪の治療を目的としていない。COPDに基づく症状を安定させるためには、本剤を継続して投与する必要がある。ただし、用法・用量どおり正しく使用しても効果が認められない場合には、本剤が適当ではないと考えられるので、漫然と投与を継続せず中止すること。
  • オロダテロール単剤は国内未承認です。
  • スピリーバ®の用法・用量につきましては、最新の添付文書をご参照ください。
  1. 1)Sauter W, et al. 承認時評価資料: COPD患者対象プラセボ対象24時間呼吸機能試験(1237.20試験)より改変
  2. 2)Beeh KM, et al. Pulm Pharmacol Ther 2015; 32: 53-59.より改変
    本試験はベーリンガーインゲルハイム社の支援により行われました。
  3. 3)Sauter W, et al. 承認時評価資料: COPD患者対象プラセボ対象24時間呼吸機能試験(1237.20試験)
  4. 4)Beeh KM, et al. Pulm Pharmacol Ther 2015; 32: 53-59.より作図
    本試験はベーリンガーインゲルハイム社の支援により行われました。

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。