製品情報 製品Q&A

ミカムロ
高血圧
製剤関連・その他
Q 一包化はできますか?
A  

一包化について推奨はしておりませんが、一包化される場合は下記の無包装状態での安定性データを参考に高温多湿は避けていただくようお願いいたします(特に湿度に注意してください)。

【安定性(無包装状態)】
<ミカムロ配合錠AP(フィルムコート錠)>
保存条件 保存期間 結果
苛酷試験 温度

50℃

(暗所)

1カ月 変化および変動は認められなかった。
湿度

25℃、

93%R.H.

(暗所)

1カ月 アムロジピン定量値の低下、両薬の溶出率の低下、軟化が認められた。

25℃、

75%R.H.

(暗所)

1カ月 アムロジピン溶出率の低下、硬度の低下が認められたが、規格内であった。

キセノンランプ

(約25℃)

1.2×106ルクス・h注) 変化および変動は認められなかった。
  1. 注) 照度約3×104lx(近紫外放射エネルギー約200W/m2)の光を、約40時間照射した。
<ミカムロ配合錠BP(フィルムコート錠)>
保存条件 保存期間 結果
苛酷試験 温度

50℃

(暗所)

1カ月 変化および変動は認められなかった。
湿度

25℃、

93%R.H.

(暗所)

1カ月 アムロジピン定量値の低下、両薬の溶出率の低下、軟化が認められた。

25℃、

75%R.H.

(暗所)

1カ月 変化および変動は認められなかった。

キセノンランプ

1.3×106ルクス・h,
600W・h/m2
変化および変動は認められなかった。

製品に関するお問い合わせ

上記のQ&Aはお役に立ちましたでしょうか。
更なるお問合せがございましたら、専任薬剤師が こちら(DIセンター)にて承ります。