スピオルト 診療サポートガイドライン解説-COPDの診断-

診断基準

  1. 気管支拡張薬投与後のスパイロメトリーで1秒率(FEV1 / FVC)が70%未満であること。
  2. 他の気流閉塞をきたし得る疾患を除外すること。
  • 長期にわたる喫煙歴がある場合、慢性に咳、喀痰、労作時呼吸困難などがみられる患者 に対してはCOPDを疑う。
  • 診断確定には、X線画像検査や呼吸機能検査、心電図などにより、気流閉塞をきたす他疾患を除外する必要がある。気道可逆性の大きいCOPD、可逆性の乏しい難治性喘息、COPDと喘息が併存している症例では、喘息との鑑別は困難である。

鑑別を要する疾患

  1. 喘息
  2. びまん性汎細気管支炎
  3. 先天性副鼻腔気管支症候群
  4. 閉塞性細気管支炎
  5. 気管支拡張症
  6. 肺結核
  1. 塵肺症
  2. リンパ脈管筋腫症
  3. うっ血性心不全
  4. 間質性肺疾患
  5. 肺癌