スピオルト 診療サポートガイドライン解説-COPDの診断-

臨床所見

  • COPD に多い症状は、慢性の咳と痰、労作時の呼吸困難(息切れ)である。
  • 症状はmMRC、CAT、IPAG などの質問票を用いて、客観的に評価する。
  • COPDの早期では自覚症状や身体所見は出現しないことが多い。
  • *mMRC(the Modified British Medical Research Council): 日常生活に対する呼吸困難(息切れ)の影響を測定
    CAT(COPD assessment test):COPDの症状やQOLに関する8項目を0〜40点で評価
    IPAG(International Primary Care Airways Group):COPD 関連症状と危険因子を測定

呼吸困難(息切れ)を評価する修正MRC(mMRC)質問票

呼吸困難(息切れ)を評価する修正MRC(mMRC)質問票