スピオルト 製品紹介スピオルト日本人解析
ー専門医に聞く日本人解析の注目ポイントと期待ー
桑平 一郎 先生

<< 専門医によるコメント一覧へ戻る

スピオルトの増悪を評価した今回の試験結果は、日常診療で薬物療法を進める上で注目し、参照すべきといえるでしょう

桑平 一郎 先生

東海大学医学部内科学系 呼吸器内科学 教授
付属東京病院 呼吸器内科

日本人集団は全集団と比べ、年齢は約5歳高く、BMIは5ポイントほど少なく、現喫煙者割合が少なく、SGRQスコアが約7ポイント低く、QOL障害の程度は軽いことが分かります。
最近改訂されたCOPDガイドラインでは、欧米人と日本人の相違点を鑑み日本人データが重要であると触れられています。

PC
作成年月:2018年7月

<< 専門医によるコメント一覧へ戻る