スピリーバ 喘息 効果と対象患者作用機序と効果

<< 作用機序と効果へ戻る

喘息におけるアセチルコリンとスピリーバ®レスピマット®の作用

喘息患者はアセチルコリンが過剰状態

喘息における炎症やウィルス感染はムスカリンM2受容体の機能低下を引き起こし、アセチルコリンの過剰な放出を引き起こします。詳しくは動画をご覧ください(1分19秒)

その他、喘息におけるアセチルコリンとスピリーバ®レスピマット®の作用動画を見る