スピリーバ 喘息 効果と対象患者作用機序と効果

<< 作用機序と効果へ戻る

喘息におけるアセチルコリンとスピリーバ®レスピマット®の作用

アセチルコリンの結合が悪化の一因

アセチルコリンはムスカリンM3受容体と結合することで、気道収縮、粘液分泌、咳誘発、リモデリング等を起こす大きな原因の1つである。

その他、喘息におけるアセチルコリンとスピリーバ®レスピマット®の作用動画を見る

見落としがちなスピリーバ®レスピマット®の効果・対象患者