スピリーバ 喘息 効果と対象患者作用機序と効果

<< 作用機序と効果へ戻る

アセチルコリンをターゲットとした治療の重要性

喘息患者さんの咳症状に対してアセチルコリンをターゲットにした治療は有用

  • 既存の治療で喘息症状がコントロールできていないようであれば、別の治療アプローチで症状を抑えることを検討します
  • 喘息患者さんの咳症状に対して作用機序、エビデンスの両面からスピリーバ®レスピマット®の効果が証明されています

詳しくは動画をご覧ください(3分12秒)

スピリーバの咳抑制に関する作用機序および臨床効果に関しての解説をみる