スピリーバ 喘息 効果と対象患者専門医の意見 ~スピリーバ®レスピマット®の特徴と用法

各専門医によるスピリーバ®レスピマット®の捉え方

相良 博典 先生 (昭和大学 医学部 内科学講座 呼吸器・アレルギー内科学部門 主任教授

既存の治療で症状をコントロールできていない場合、アプローチの異なる薬剤の追加を検討すべきでしょう。既存の治療で症状をコントロールできていない場合、アプローチの異なる薬剤の追加を検討すべきでしょう。

相良 博典 先生 (昭和大学 医学部 内科学講座 呼吸器・アレルギー内科学部門 主任教授)

治療ステップに加わったスピリーバ®レスピマット®

  • アセチルコリンが喘息に大きく関わっていることが分かってきた。既存の治療法でも症状が見られる場合、新しい選択肢として考えられます

解説動画を見る(2分41秒)

既存治療でコントロールできないケース

  • 診察時にはコントロールできていても、日常では違う場合がある。本当に満足しているかを意識的に聞き、症状があるなら

解説動画を見る(2分59秒)

治療目標を目指すならスピリーバ®レスピマット®

  • 治療中の患者さんでも症状が残っている方が多くいることが明らかになっています。喘息治療の目標である“症状ゼロ”を目指すにはスピリーバ®レスピマット®も選択肢になります

解説動画を見る(2分15秒)

見落としがちなスピリーバ®レスピマット®の効果・対象患者

無料会員登録のご案内

会員限定コンテンツについて詳しくはこちら

  • 会員限定コンテンツが読める会員限定コンテンツが読める
  • ニーズにあった情報をお届けニーズにあった情報をお届け

無料会員登録

※medパスのサイトへ移動します
※「medパス」とは「Medy」や「Medpeer」等
のサイトを利用できるIDです。