スピリーバ 喘息 効果と対象患者専門医の意見 ~スピリーバ®レスピマット®の特徴と用法

専門医らによるディスカッション

ウイルス感染に伴う喘息増悪の原因とそのメカニズム

東北大学病院 呼吸器内科 講師
玉田 勉 先生

  • ウィルス感染による喘息の増悪では、ムスカリンM2受容体機能低下によって、アセチルコリンが過剰放出され、気道収縮が亢進して症状悪化を引き起こす
  • アセチルコリン過剰放出が関与する喘息発作が起きる前の段階からLAMAを使用しておくことも細胞レベルのアセチルコリンに対する反応の特性からみて重要である

帝京大学医学部内科学講座 呼吸器・アレルギー学 教授
長瀬 洋之 先生

  • 普段から吸入ステロイド薬(ICS)によるコントロールが不十分で、好酸球数が増加傾向にあれば、ウイルス感染により好酸球が活性化されるため,増悪する可能性が高くなる
  • 喘息におけるチオトロピウムの作用は呼吸機能改善や増悪発現リスクを低下させるデータがある

気管支喘息治療の歴史における抗コリン薬の役割

日本大学 医学部内科学系 呼吸器内科学分野 主任教授
橋本 修 先生

  • 喘息における気流閉塞の主因はアセチルコリン-ムスカリン受容体系の活性化であり、その抑制が治療の重要なポイント
  • 気流閉塞の状態など、症状に応じてICS+LABA、ICS+LAMAあるいはICS+LABA+LAMAなどを使い分けることで、成績向上につながると考えます

昭和大学 医学部 内科学講座 呼吸器・アレルギー内科学部門 主任教授
相良 博典 先生

  • 気道平滑筋の収縮もリモデリングに関与することが分かってきており、気道収縮への対処の重要性を再認識しています
  • 痰が非常に多い患者さんにはICS+LAMAが有用だと思われます

Assonciate Professor of Department of Molecular Pharmacology, University of Groningen, Groningen, The Netherlands
Reinoud Godsens, PhD

  • 喘息治療においてはアセチルコリンが重要なターゲットの1つになると考えられます
  • M3受容体に選択的に作用することによって、臨床において長期的な視点でベネフィットが期待されます

気管支喘息におけるアセチルコリンと抗コリン薬の役割

藤田保健衛生大学医学部 呼吸器内科学Ⅱ講座 教授
堀口 高彦 先生

  • デバイスの中でもスピリーバ®レスピマット®は噴霧持続時間が長く、噴霧速度がゆっくりのため、肺へ薬剤を効率よく到達させることができる
  • (レスピマット®は)吸入同調の上手・下手や呼気流速にかかわらず幅広い患者さんで効率よく吸入できるデバイス

高知大学医学部 血液・呼吸器内科 教授
横山 彰仁 先生

  • チオトロピウムレスピマット®群はプラセボ群と比べ最初の重度の喘息増悪発現までの期間を有意に遅らせ、その発現リスクを21%抑制、また喘息増悪リスクを31%抑制
  • (チオトロピウム®によって)喘息のコントロールが全体的に良くなることで将来のリスクが軽減された

Assonciate Professor of Department of Molecular Pharmacology, University of Groningen, Groningen, The Netherlands
Reinoud Godsens, PhD

  • アセチルコリンが気道のさまざまな部位での作用を介し、気管支喘息の病態形成に主要な役割を果たしていることがうかがえます
  • 実際、アセチルコリンの抑制が、(中略)、気管支喘息の改善につながり得るさまざまな基礎的知見が報告されています

見落としがちなスピリーバ®レスピマット®の効果・対象患者

無料会員登録のご案内

会員限定コンテンツについて詳しくはこちら

  • 会員限定コンテンツが読める会員限定コンテンツが読める
  • ニーズにあった情報をお届けニーズにあった情報をお届け

無料会員登録

※medパスのサイトへ移動します
※「medパス」とは「Medy」や「Medpeer」等
のサイトを利用できるIDです。