トラゼンタ 製品紹介:コンテンツ一覧対談「腎機能を考慮した糖尿病診療(Cooper先生×深水圭先生)」

腎機能を考慮した糖尿病診療

日常診療における糖尿病治療薬の選択について

深水最後に,糖尿病治療に携わられている先生方に向けてメッセージをお願いします。

Cooperオーストラリアでは糖尿病専門医や腎臓内科医の人数が十分ではなく,総合診療医が糖尿病患者の多くを診療しています。実地医家の診療において,DPP-4阻害薬の登場によって2型糖尿病の管理は大きく進歩しました。中でも,有効性,安全性に加え,1日1回1錠5mgで使用を継続できる利便性を持ったリナグリプチンは総合診療医にとって選択肢の一つになると考えます。また,1日1回の投与で済むことは患者さんのアドヒアランスの向上につながる可能性があると考えます。

深水本日は多岐にわたる話題について意見交換をする貴重な機会となり,頂戴した情報やご意見は読者の先生方に大変参考になると思います。有難うございました。

Copyright ©2020 Boehringer Ingelheim. All rights reserved.

PC
2020年4月作成