ソーシャルグッドMMH MMHフェロー

サム・アグチュ

携帯電話の購入することで健康保険に加入できるシステムを実現

ケニアの労働人口の大半は小規模事業の個人事業主や非公式経済部門に属する労働者であり、公式経済部門に属していない労働者は健康保険の加入対象にはなっていません。

サムは携帯電話と国内の至る所にある食料品店で購入が可能な健康保険用のスマートカードをリンクさせるシステムを開発しました。携帯電話と食料品店で購入できる健康保険用のスマートカードとを組み合わせて用いる試みは東アフリカ初です。カードは課金されると、自由に入出金ができる貯蓄型預金の機能を果たし、提携しているすべての診療所で使用が可能です。

サムは携帯電話を入手できる人々の健康保険加入を実現させ、その結果、80%以上のケニア国民が質の良い医療を受けられていないという状況を一変させました。このビジネスモデルの有効性が実証できたことで、より多くの保険会社との提携につながりました。

サムは、カードリーダーが設置されており、医療費をKES 450(450ケニアシリング)にするとの取り決めができた民間、公的、NGOの医療センターとのネットワークを構築しました。入院費は取り決め金額を超過するため、社会的投資家が学費や医療費、また食費を支払えるeトークンを購入できるようにするインターネットプラットフォームを導入しています。