ソーシャルグッドMMH MMHフェロー

ミッシェル・レム

ペット連れのホームレスに対するヘルスケアの提供を促進

多くのホームレスがペットを飼っています。しかし、ペットを飼うことにより、本来重要であるはずの自分自身の心身のヘルスケアが疎かになっているのが実情です。その原因の一つとして、ペット同伴での入居や病院への立ち入りを拒否されることが挙げられます。

ミッシェルは、ペットを飼うホームレスが自分のことよりもペットに対するケアを求める傾向があることに気づきました。そこで、動物を無料で診察する移動診療所を開設し、彼らにも無料診療を行うことを思いついたのです。診療所はホームレスに住まいや医療、そして社会福祉を提供し、この活動は地域支援の統合モデルとなりました。

CVOは1800匹の動物に医療を提供してきました。これまでにオンタリオ州の4つの主要都市で診療所を開設しましたが、運営が軌道に乗り、今後は12カ所以上に増える予定です。ミッシェルの活動が社会福祉や自治体の方針に変化をもたらしたのです。

CVOの活動は、金銭以外の寄付、無料奉仕、そして個人や基金からの寄付金に支えられています。また、獣医学の講義を行う“Mini Vet School”でミッシェルが主催するシリーズ講座による収益も運営費に充てられています。ミッシェルは、CVOが活動する地域での “Mini Vet School”開催に向けて、認可取得を検討しています。