トラゼンタ
シンプル
プレゼンテーション

複雑な糖尿病治療にシンプルなトラゼンタ.

糖尿病治療の目標達成には
合併症の予防進展の阻止が
重要です.

糖尿病治療の目標を達成するために
診療にあたって考慮すべき項目が

数多くあります.

腎機能

なかでも腎機能は一般の人でも
加齢に伴い徐々に低下します.

糖尿病治療においては
こうした将来の腎機能
低下を見据えた治療が
求められます.

トラゼンタは

ほとんど代謝を受けない
胆汁排泄型DPP-4阻害薬です.

よってトラゼンタは

腎機能の程度によらずシンプルにスタートでき
5mgの投与量で治療が可能です.

トラゼンタ®
腎機能の程度にかかわらず
一貫したHbA1c低下作用を示しました.

日本人2型糖尿病患者さんを対象に
トラゼンタのHbA1c低下作用を
GFR区分に基づき3群に層別にして
検討したところ
投与24週間後におけるHbA1c
平均変化量は
いずれの群でも
ベースラインと比較して
有意な低下が認められました.

本試験におけるトラゼンタの
有害事象の発現率は
G1+G2 群で25%G3a 群で29%
G3b+G4+G5 群で42%でした.

複雑化する
糖尿病治療を
シンプルにする
選択肢.

シンプルなトラゼンタを
幅広い2型糖尿病患者さんにお役立てください.

新規で薬物治療を
開始される患者さん.

  • 血糖降下薬で
    効果不十分な患者さん.
  • 65歳以上の
    高齢患者さん.
  • 腎機能が正常~
    低下している患者さん.

Make it Simple.
~優れた効果、将来を見据えた選択~

2018年6月作成